株式投資

リーマンショック級!?過去40年間の暴落の下落率・下げ幅・期間は?暴落は一過性であることを知るべし

こんにちわtachann(@tachann)です。

2018年下半期は米国NYダウを筆頭に世界同時株安が凄かったですね。

現在進行形で下げてますが、なんとか瀕死で生きてます。

よくリーマンショック級だ!とツイッター界隈でも言われてますが過去の暴落と比較して心を落ち着かせましょう。

私は2011年から株式投資を始めてるのでアベノミクス世代ですが、1980年以降の値動きを調べてみます。

【この記事でわかること】

リーマンショックを筆頭に過去40年間の暴落の下落率や期間、下げ幅がわかる。

過去40年間の暴落について

ブラックマンデー

日経平均AI予想より引用

1987年10月19日に起きた世界同時暴落です。今でもブラックマンデーは暴落のたびに名前が出てきますよ。

NYダウは22.6%下落し日経平均株価は14.9%下落しました。

東証1部の49%がストップ安となる緊急事態。

やばすぎですね。20,000円の株価が1日で17,200円になるレベル。
日付 株価 高値から下落率
10月17日 26,356円 下落開始
10月20日 21,910円 一番底:-16.87%
11月11日 21,036円 二番底:-22.17%

ブラックマンデーは1日での下落率がやばいですが、下落期間としては短く3ヶ月くらいで反転しています。

信用買いしていた人は一気に狩られて、その後反転という一番厄介なパターンです。

阪神淡路大震災

日経平均AI予想より引用

1995年1月17日AM5:46、兵庫県南部で直下型の大規模な地震が発生。当時私は7歳でうっすらと記憶しています。

地震による被害総額は10兆円を超え一時的に日経平均も大きく下落しました。

日付 株価 高値から下落率
1月17日 19,241円 下落開始
1月23日 17,785円 一番底:-7.6%
7月5日 14,485円 大底 :-24.7%

期間にしておよそ半年で反転しています。

下の方にも出てきますが、地震・災害は円高株安になりますが一時的で底になるケースがほとんどです。

バブル崩壊

日経平均AI予想より引用

バブル崩壊の具体的な時期は無いようです。1989年12月29日に日経平均史上最高値38957.44円を付けた後、下落に転じその一年後には半分以下となっています。

NYダウは日経平均とは連動しておらず、当時の価格3400ドルから見ると現在20,000ドルを超えているNYダウと大きく差がついてしまってます。同じくらい日経平均も伸びていれば株価10万円も軽く超えています。

日本がいかに伸びていないかがわかりますね。

日付 株価 高値から下落率
12月29日 38,957円 下落開始
4月4日 27,678円 一番底:-29.0%
2003年5月 7,538円 大底 :-80.7%

バブル崩壊の下落チャートから復活しているかどうかはまだわかりません。30年前の株価でさえ、今尚超えることができていないのが日経平均です。

弱すぎますね。バブル崩壊からは下落を続け大底を迎えたのは2003年です。14年間も下落トレンドがひたすら続いたんですね。

次に2009年、2011年で再度大底をつけることになります。

ITバブル崩壊

日経平均AI予想より引用

2000年に米国が引き金となってIT企業を中心に株価が大きく下落したITバブル崩壊。

日経平均は元々バブル崩壊の下落トレンド真っ最中で不況だったので、変わらず下落し続けました。

日付 株価 高値から下落率
4月13日 20,736円 下落開始
4月28日 17,973円 一番底:-13.3%
5月26日 16,008円 二番底:-22.8%

二番底を付けた後、18,000円まで反発するも下落トレンドが続いているので、さらに下を掘っていきました。

バブル崩壊後の下落トレンドは強烈で中々上昇トレンドとはなりません。

リーマンショック

日経平均AI予想より引用

出ました!タイトルにも書いてあるリーマンショック。

2008年にアメリカの投資銀行リーマンブラザーズホールディングスが経営破綻したことで全世界株安となった出来事を指します。

元々はその1年前のサブプライムローン問題での住宅バブル崩壊が原因です。

住宅価格がバブってたので、建てれば儲かるという都市伝説の元、銀行は貸付してどんどん家を建てました。

住宅価格が急激に下落(バブル崩壊)を迎えた後、借金を返せない人が続出し不良債権となったのがサブプライムローン問題です。

このことが原因でリーマンブラザーズは経営破綻してリーマンショックへと繋がりました。

なので実はリーマンショックの一年前から株価の下落はサブプライムローン問題で始まってたんですね。

日付 株価 高値から下落率
9月16日 12,028円 下落開始
9月18日 11,301円 一番底:-6.0%
10月10日 8,115円 二番底:-28.2%
10月28日 6,994円 大底 :-41.9%

リーマンショックの恐ろしいところは下落スピードの速さです。

大したリバウンドもなく一ヶ月で-41%も下落したリーマンショックはここ20年間では最恐の暴落です。

元々日経平均が低かったので買いに走る人も多い中での大幅下落だったので、散っていった個人投資家も多かったはず。

怖いです。。

東日本大震災

日経平均AI予想より引用

2011年3月11日に起きた東北大地震。津波の被害も大きく、原発などの影響もあり海外投資家の売り注文を呼び大きく下落しました。

日付 株価 高値から下落率
3月11日 10,378円 下落開始
3月15日 9,578円 一番底:-7.7%

阪神淡路大震災と同じく、災害の時はすぐに立ち直るケースがほとんどで災害後一週間でリバウンドしています。

二番底、三番底をつけ再び上昇し始めたのが東日本大震災でした。

チャイナショック

日経平均AI予想より引用

2015年8月11日に中国人民元の切り下げを皮切りに為替相場が急落。

上海株式の大幅下落を引き起こし、全世界株安となりました。

日付 株価 高値から下落率
8月18日 20,663円 下落開始
8月25日 17,785円 一番底:-14.11%
9月29日 14,485円 大底 :-18.20%

二番底を付けたのち、再度20,000円を付けダブルトップを形成して2015年年末〜2016年年初にかけて大きく下落しました。

2018年の年末と重なりますかねー??

2018年10-12月の下落

日経平均AI予想より引用

2018年12月まだ名前も無きショックです。下落幅でいえば過去最高とも言えるかもしれません。

日付 株価 高値から下落率
12月3日 22,664円 下落開始
12月26日 18,948円 一番底:-16.4%

およそ2週間で4,000円弱日経平均株価の下落が発生しました。

ブラックマンデーはこの下落率を1日で超えたのですから半端ないですね。

リーマンショック級か!?と言われれば、ここからさらに3,000円くらい落ちて15,000円を下回ればリーマンショック級と言えそうですが、現時点ではまだまだ過去の暴落に比べると緩い方かもしれません。

値下がり幅はたしかに大きいですけどね。私の成績はボロボロに・・・泣

底を見極めるのは無理。淡々と積立投資しましょう。

どの暴落でも1番底、2番底と何回か底を探る動きをしていましたよね。

だから2018年10-12月の暴落も再度19,000円を下回ってもなんら不思議じゃないと思った方がいいです。

底を当てるなんてのはプロでも難しく、また日本市場にだけ投資するとバブル崩壊みたいに30年間経っても元値回復しないこともあり得ます。

ですが世界全体で見ると暴落は一過性に過ぎず、間違いなく暴落前よりも値上がりして成長を続けています。

素人の我々は底値がわからないのだから分散投資をして、コツコツ積み立てるのが1番パフォーマンスとしては良くなるんですよ。

ロボアドバイザーのウェルスナビは全世界の様々な金融商品に分散投資をしてくれて、自動的に運用してくれます。

ウェルスナビで無料診断

資産運用に「まだわたしには早いかも?は無いです!」私も今年から始めてますので、皆様もいかがですか?

淡々とコツコツ毎月積み立て投資が大切なんですね。
まだやってないの!?投資初心者にウェルスナビをおすすめする9つのメリットを徹底解説!こんにちわtachann(@tachann)です。突然ですが、みなさんウェルスナビって聞いたことありますか? ロボアドバイザーとい...
ウェルスナビの分配金はいつ入る?どのくらいの金額?再投資すべき理由を解説こんにちわtachann(@tachann)です。 ウェルスナビ(wealthNavi)には投資信託のように分配金が発生します。 ...
【口座開設まで最速2日】ウェルスナビの登録方法と必要なものを解説!こんにちはtachann(@tachann)です。 資産運用をした事がない方は こんな風に感じてませんでしょうか?実際口...
ABOUT ME
tachann
tachann
30歳のごく普通の二児パパサラリーマンです。 家計のやりくりもすべて自分がやってまして、お得な情報や資産運用の情報をコンテンツとして役立つブログを配信していきます。 普段の「ほのぼの」もたまには・・・