権利確定月【3月】

東京ディズニーランドと言えば・・・オリエンタルランド(4661)の株主優待と配当を紹介するよ

こんにちわtachann(@tachann)です。

本記事は株主優待制度のある銘柄の紹介コーナーになります。

今回はオリエンタルランド(4661)の登場です。

な各データは執筆時点になります。詳しくは株価の最新はこちらを参照ください。

個人的なコメントも記載していますが、投資スタイルは様々ですので投資に関しては自己責任でお願い致します。

*本ページの写真は公式サイトより引用しております。

 オリエンタルランド(4661)とは

オリエンタルランドは誰しもが知っている「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」のテーマパークを運営している企業になります。

来場者数は年々増加しており、現在では年間3,000万人の人が訪れています。そのため強気な価格設定で、2011年には6,200円だった1デーパスポートの価格設定も2014年に6,400円、2015年に6,900円、2017年に7,400円と値上がりしています。

遊園地などが優待内容になっている同業他社を下記に記載します。実際には鉄道系など多角化の1つとなっていたりするので、同業他社とは言いにくいですが・・・

名称の下に2018年度売上/純利益も記載します。

(4661)オリエンタルランド
4,793億円/812億円

(8136)サンリオ
602億円/49億円

(9010)富士急行
526億円/27億円

(7022)サノヤスHD
475億円/-43億円

(9671)よみうりランド
209億円/26億円

(9656)グリーンランドゾード
79億円/3億円

株主優待&配当について

株主優待内容

権利確定月 3月、9月
優待内容 1デーパスポート

100株〜:1枚(3月のみ)
400株〜:1枚
800株〜:2枚
1,200株〜:3枚
1,600株〜:4枚
2,000株〜:5枚
2,400株〜:6枚

*「東京ディズニーランド」または「東京ディズニーシー」いずれかのパークで利用可。

優待利回りは100株保有で0.76%となっています。

大人1名が「東京ディズニーランド」もしくは「東京ディズニーシー」に行く場合、最大優待利回りを得ることができます。(7,400円)

「1デーパスポート」の価格は下記の通りです。

1デーパスポート
大人(18歳以上) 7,400円
中人(12歳から17歳) 6,400円
小人(4歳から11歳) 4,800円
3歳以下のお子様 無料

400株保有から年2回優待貰えるようになりますが、投資金額で言えば400万円を超える大金となるため、なかなか買えるものではありませんね。

場所は皆さんご存知の通り千葉県になります。

配当

年間配当は1株あたり40円です。

配当利回り:0.36%

優待利回り、配当利回り共に低く合算しても1%を軽く超える程度となっています。利回りメインだと投資はしづらい印象です。

執筆時点株価: 11,070円(最新価格はこちら

株価&指標について

株価推移 

株価は毎年右肩上がりで素晴らしいの一言です。2015年につけた天井も2018年には越えていき、現在は10,000円を超える値嵩株となっていますね。上場来高値12,000円台ですが、これすらも越えていくのでしょうか・・・

指標

予想PER 44.64倍
予想PBR 4.82倍
自己資本比率 80.9%

指標面ではかなり割高となっています。割高なのに株価は上がるのだから、いかにディズニーランドが人気なのかがわかりますね。自己資本比率は非常に高くリスクという意味ではかなり安全な銘柄です。

同業他社の指標は以下の通りです。

オリエンタルランド 44.64倍 4.82倍
サンリオ 51.63倍 3.67倍
富士急行 87.14倍 6.54倍
サノヤスHD 7.28倍 0.37倍
よみうりランド 17.85倍 1.02倍
グリーンランドリゾート 17.79倍 0.46倍
【株を始めるその前に】PERの意味と使い方を誰でもわかるように解説するよこんにちわtachann(@tachann)です。 株主優待が欲しいから企業の株を買う。 配当金が欲しいから企業の株を買う。...
【株を始めるその前に】PBRの意味と使い方を誰でもわかるように解説するよこんにちわtachann(@tachann)です。 株式投資をやってるとよく「PBR1倍以下だから割安」とか書いている記事を目にす...
自己資本比率の意味と使い方。「数値が高いほど優良企業」は間違いである理由とはこんにちわtachann(@tachann)です。 私のブログで株主優待のご紹介をする際にPER、PBR、自己資本比率は必ず書くよ...

キャッシュフロー

営業キャッシュフロー 1,228億円
投資キャッシュフロー △449億円
財務キャッシュフロー △333億円
現金同等物 1,863億円

執筆時点のキャッシュフローです。有利子負債590億円に対して現金同等物1863億円とネットキャッシュリッチな企業です。

自己資本比率も80%を超え、ネットキャッシュも大きく黒字であることから倒産リスクはほとんど無いと言えるでしょう。

他の遊園地企業と比べても群を抜いて営業キャッシュフローが高く、さすがは東京ディズニーランドですね。

キャッシュフローで分類すべき3つの企業の型。企業の稼ぐ力を見極めよう。こんにちわtachann(@tachann)です。 株式投資を始めたい。 就活生だけど検討している会社は黒字か赤字かどっ...

まとめ

「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」を運営するオリエンタルランドは株価が高く優待1つ取るのにも100万円程度掛かってしまう日本一のテーマパーク企業です。

財務面は非常に盤石で、指標が割高でも株価は右肩上がりに伸びています。来場者数も1デーパスポートを値上げしても毎年伸び続けているので当然と言えば当然なのかもしれませんが・・・

デメリットは配当利回り、優待利回りが非常に低くインカムゲインを目的とされている方にとっては魅力が薄いですね。

投資は元本割れも十分にあり得るので、投資をする際は余力資金と長期目線。投資は自己責任なので慎重にお願いしますね。

▼株主優待を貰うために口座開設▼



ABOUT ME
tachann
tachann
30歳のごく普通の二児パパサラリーマンです。 家計のやりくりもすべて自分がやってまして、お得な情報や資産運用の情報をコンテンツとして役立つブログを配信していきます。 普段の「ほのぼの」もたまには・・・