ロボアドバイザー

ウェルスナビの分配金はいつ入る?どのくらいの金額?再投資すべき理由を解説

こんにちわtachann(@tachann)です。

ウェルスナビ(wealthNavi)には投資信託のように分配金が発生します。

分配金ってなに?

銀行にお金を預けているとめちゃくちゃ少ないけど利子貰えるでしょ!?ウェルスナビにおける分配金も同じで、ウェルスナビに預けたお金を運用した結果に対する配当を分配金という形で還元されるんだ。

ウェルスナビ(wealthNavi)の分配金を再び投資に回すことで複利効果によって最終的なパフォーマンスに大きく影響を与えます。

だからウェルスナビにとって分配金はとても重要な役割を持っているんだよ!

本記事ではウェルスナビの分配金がいつ入るのか?どのくらい入るのか?再投資すべきなのか?を誰でもわかりやすく解説します。

ウェルスナビ公式を見てみる

ウェルスナビの分配金はいつ入るの?

実は毎月分配金はある

分配金を貰うタイミングはウェルスナビが購入している海外ETFによって異なります。

ETFとは:上場している投資信託で、投資信託よりも手数料が安いんだ。ウェルスナビは米国のETFを購入して運用しているよ。

ウェルスナビのよくある質問

毎月入るものや、3ヶ月毎、全く分配金が無いものまであります。下にまとめてみると

海外ETFの種類 分配金の時期
AGG(米国債券)
TIP(物価連動債)
毎月
VTI(米国株)
VWO(新興国株)
VEA(日欧株)
IYR(不動産)
3ヶ月毎(3月、6月、9月、12月)
GLD(金) なし

ただし分配金はあくまで予定なので、状況によっては分配金が無い場合やその時期が変更することもあるそうです。

ウェルスナビは上記のETFの組み合わせなので、実は毎月分配金はあるんですね。

分配金はどこに入る?

分配金はウェルスナビの現金部分に入金されます。入金があった事は取引履歴から直ぐに確認することができますよ。

分配金が入ってもすぐに再投資されないのは注意点だよ!現金部分に入ります。

分配金はいつ再投資される?

分配金は現金部分に入金されるわけですが、すぐには再投資に回りません。ウェルスナビにおいて分配金が再投資されるにはルールがあります。

<資産評価額が500万未満>

資産評価額0.4%の現金

運用資金3ヶ月分の手数料

<資産評価額が500万以上>

現金部分が2万円以上

運用資金3ヶ月分の手数料

上記の金額を超えた場合に追加でETFを購入します。

例えば50万円で運用していた場合は、50万円の0.4%の2,000円と50万円の1年間の手数料1.0%の3ヶ月分(50万円×1.0%÷12ヶ月×3ヶ月)の1,250円の両方を上回った場合再投資されます。

ウェルスナビでは年率1.0%の手数料を預かってる資産の現金部分から徴収するので、このように全て投資に回すのではなく最低限の現金部分は残しておくとのことです。

ウェルスナビの分配金はどのくらい?

ウェルスナビの分配金はどのくらい入るのかというのはウェルスナビが決めるものではなく、購入しているETFの運用実績に基づきます。

購入しているETFの比率によって異なるのでご自身のリスク許容度次第で変わりますが概ね1.3%〜2.0%付近の方が多いと思います。

各ETFの利回り

ETF名 分配金利回り
米国株(VTI) 1.71%
新興国株(VWO) 2.56%
日欧株(VEA) 2.99%
米国債券(AGG) 2.91%
不動産(IYR) 3.94%
物価連動債(TIP) 1.12%
金(GLD) 0%

私の組み合わせだと米国株、新興国株、日欧株で7割以上を占めるので、2.0%付近はありそうです。

分配金 VS 手数料

分配金によるウェルスナビの利回りは選んだリスク許容度によって変わるため人によって増減はあるものの、

分配金:年率1.3%〜2.0%

手数料:年率1.0%

上記のように分配金だけで手数料を賄うことは現時点では可能となっています。

今後も保証されるわけではなく、投資先のETF利回りが変更されるとその分ウェルスナビの利回りパフォーマンスも変わります。

分配金は再投資すべき?

分配金が入ったからと言って、すぐに出金していては資産は増えづらいです。

分配金を元手にさらにETFを買い付けし、次にもらう分配金を増やすことを繰り返す複利運用によってウェルスナビは資産形成をするべきだからです。

楽天証券より引用

分配金を使ってしまっていては、手数料1.0%以上に世界の株価などが値上がりしてくれないと増えません。

結論:分配金は再投資すべき!

積立設定はしておくべき

ウェルスナビは分配金を次のETF購入の原資に回すことで複利運用していくのですが、上で書いた通り現金部分が一定の金額を超えないと新たに買い付けを行いません。

例えば50万円の資産評価額だと2,000円を超えないと新たに購入しません。2,000円分の現金部分を貯めるためには年率2%の分配金利回りだとしても年率1%は手数料で引かれるため、およそ5ヶ月掛かります。

50万円×2%の1ヶ月=833円

50万円×1%の1ヶ月=417円

1ヶ月で貯まる現金部分=417円

そのため分配金を毎月ETF購入に充てるには積立投資設定が必要になってきます。5,000円でも積立設定していると分配金はその都度ETF購入へと回されるので、より複利効果を高めることができますよ。

まとめ

✅ウェルスナビには分配金があり、購入している海外ETFによって毎月、3ヶ月毎に分配される。

✅ウェルスナビの分配金による利回りはリスク許容度によって購入している各ETF比率によって異なる。

✅現在のところ分配金による利回り>手数料なので、手数料は分配金で賄える。

✅毎月分配金を再投資に回すには積立設定をするべし。

いかがだったでしょうか?ウェルスナビは長期投資による積立・複利運用が一番良いとされています。

分配金をしっかり運用に再投資する事で、複利効果が発揮されますよ。

ウェルスナビ公式

ABOUT ME
tachann
tachann
30歳のごく普通の二児パパサラリーマンです。 家計のやりくりもすべて自分がやってまして、お得な情報や資産運用の情報をコンテンツとして役立つブログを配信していきます。 普段の「ほのぼの」もたまには・・・