指標

【株を始めるその前に】PBRの意味と使い方を誰でもわかるように解説するよ

こんにちわtachann(@tachann)です。

株式投資をやってるとよく「PBR1倍以下だから割安」とか書いている記事を目にすることが多々あります。

株価が割安かどうかを判断する指標はいくつかありますが、PBRも株価の割安度を測るモノサシ指標として有名です。

本記事では「PBRとは?」そもそもどういうもの?使い方はなど株をやったことがない方にもわかりやすく解説するよー!

PBRとは

Price Book-Value Ratio」の略からPBRと呼ばれますが日本語では「株価純資産倍率」と呼びます。

また難しそうな文字が出てきたよ。。。

簡単な表現で言うとPBRは下記のようにも言われますよ!

会社を解散した時に株主1株あたりに分配される資産が投資金額に対してどの程度あるか?

例えば、発行株式数100株の時価総額100億円の企業Aを100人の株主が1株ずつ持っていたとします。1株1億円ですね。

企業Aが解散する際は、その企業Aが持っている現金、不動産、有価証券などの資産から債務(借金)などを引いて残る金額を株主みんなで分配するわけです。

従業員の退職金など色々整理して最終的に残る金額は株主のものであると言う考えで純資産とか株主資本と呼びます。

投資した金額の1億円以上で返ってくるとお得ですよね。なので基本的にはPBR1倍以下というのは投資金額よりも企業が解散した時の価値(解散価値)が高い状態になるので割安と言われています。

投資した金額に対して解散価値を分配して返ってくるであろう金額の倍率をPBRと言います。

PBRの計算方法

純資産(株主資本)と投資金額の倍率ということを簡単に算出できる公式があります。

PBR=株価÷1株あたりの純資産

1株あたりの純資産ってなに!?

1株あたりの純資産は「BPS」とも呼ばれていますが、言葉の通り純資産(株主資本)を発行株式数で割ると算出できます。

BPS=純資産÷発行株式数

純資産の計算の仕方は単純は総資産から負債を引いた金額になります。ややこしくなってきましたか?

まとめてみますと・・・

PBR=株価÷1株あたりの純資産

1株あたりの純資産=純資産÷発行株式数

純資産=資産ー負債

このように書くことができます。ここで問題を置いておきますね。答えはこの記事の一番下に記載します。

【問題1】

資産100億円・負債30億円・発行株式数1,000万株の会社の1株あたりの純資産は?

【問題2】

問題1の会社の株価が1,400円の時PBRは幾つでしょうか?

この問題が正解できればバッチリです。ほかの企業の四季報でBPSから計算してみてください。

PBRの使い方・注意点

PBRの使い方として一般的なものはPBRの数値を意識して売買するといったやり方があります。

株価の底値基準に用いる

リーマンショックなどの外的要因によって大きく株価が下落したことでPBRが1倍以下に落ち込むことがあります。

業績も良く優良な企業なのに景気が悪くPBRが1倍以下に割れてしまった。こんな時に積極的に購入することでその後大きく値が戻すことが多々あります。

例えばトヨタ自動車の株価では

トヨタ自動車 PBR 株価
2009年 0.8倍 3,000円
2017年 1.2倍 7,000円

2009年はリーマンショックです。8年間で倍以上になってますね。暴落時はチャンスと言える例ですね。

しかし株を始めて改めて色々な会社のPBRを見てみると、割安と言われるPBR1倍以下の会社は割とたくさんあります。

PBRだけの情報を鵜呑みにすると、株価が全く上がらないということも起きます。

企業が解散した時の価値よりも株価が低く評価されているのはどうして!?

いくつか理由があります。1つずつ見ていきますね。

帳簿上での指標

PBRは資産から負債を引いた純資産に基づいて株価と比較するわけですが、純資産の内訳は会社が記載した帳簿に基づくんですね。帳簿に記載されている資産がすべて現金であれば問題ないですが、その中には有価証券・不動産なども含まれます。

帳簿に記載されている価格と実際の不動産価値・有価証券価値がずれることもあるため、本当に純資産が記載されている数字で正しいのかを確認する必要がありますね。

赤字が続いている会社

毎年赤字が続いている会社も残念ながら市場には存在します。純資産が潤沢にあったしても毎年赤字が続き純資産が減少している会社に投資する魅力はあるでしょうか?

将来の赤字(将来の純資産額)までをPBRは反映しないため、業績を見て赤字が続いていれば、PBRだけで判断するのは怖いよってこと。

将来性がない会社

企業の中には成長に興味がないと感じる会社も存在します。つまり現状維持で満足している会社ですね。企業は株主のモノという考えを持たず、オーナー会社に多い傾向があります。

積極的に新規投資をする・将来のビジョンを株主に伝える・株主還元をするなど株主に対してのアピール活動が見えない企業はPBRが安くても人気がなく常に割安状態で放置されていることもしばしばあります。

村上ファンドなどはこのような企業に対し、大量に株を購入し大株主の権限で是正を図ってきたことで有名です。経営のやる気がないなら、株価が適正の位置(PBR1倍)になるまで配当金上げるなり株主還元を積極的にしろってね。

過去の実績に基づく

純利益が過去の実績に基づいて導き出されています。例えば純資産30億円の会社が来季に大きな損失があり10億円の赤字が見込まれる場合、純資産は20億円に減ることになります。

来期の純資産が減ることがわかっていれば、PBRが今期低くても来期実績でみるとPBRは1倍以上になっているケースが考えられます。

このようにさまざまな要因で今は割安に見えていても、将来の不安要素が見込まれている場合や株主軽視による不人気さなどによって、PBRは1倍以下になることも多々あります。

PBRの確認は簡単

毎回毎回PBRを計算するのって面倒ですよね。各証券会社や色々なサイトでも指標を確認する事は出来ます。

サイトごとにそれぞれPBRの算出方法が異なるので幾つかのサイトで確認しましょうね。「実測値や予想値」や「単独や連結」など、どの数値を基に算出しているか異なるためです。

SBI証券

Yahoo!ファイナンス

モーニングスター

これらサイトでも確認する事ができますのでご参考にしてくださいね。

まとめ

PBRは株価の割安度を測るモノサシ指標。

PBR=株価÷1株あたりの純資産(BPS)

BPS=純資産÷発行株式数

純資産=資産ー負債

計算方法は上記の通りで、一般的な割安な水準は1倍以下と言われています。ですが業種ごとの水準が大きく異なるため同業他社との比較や過去の実績との比較が必要です。

簡単に言ってしまうと、PBRが下がる要因は「純資産が上がる」もしくは「株価が下がる」ですよ。

今回はPBRの解説でしたが、どの指標も万能という訳ではありません。あくまでツールの一つです。指標を勉強するのであればこの本が一番参考になりますので是非読んでみてください。

【株を始めるその前に】PERの意味と使い方を誰でもわかるように解説するよこんにちわtachann(@tachann)です。 株主優待が欲しいから企業の株を買う。 配当金が欲しいから企業の株を買う。...

問題の答え合わせ

【問題1】資産100億円・負債30億円・発行株式数1,000万株の会社の1株あたりの純資産は?

純資産=資本(100億円)-負債(30億円)=70億円

1株当たりの純資産=70億円÷1,000万株=700円

【問題2】問題1の会社の株価が1,400円の時PBRは幾つでしょうか?

PBR=株価(1400円)÷1株当たりの純資産(700円)=2.0倍

ABOUT ME
tachann
tachann
30歳のごく普通の二児パパサラリーマンです。 家計のやりくりもすべて自分がやってまして、お得な情報や資産運用の情報をコンテンツとして役立つブログを配信していきます。 普段の「ほのぼの」もたまには・・・