通信費

LIBMOと有名な格安SIMの価格を比較したらやっぱりLIBMOが安かった件

こんにちわtachann(@tachann)です。

LIBMOは知名度は無いけども最強の格安SIMの一角だと自負しています。なのでもっともっとみんなに知って欲しいという思いから勝手に布教活動します笑

でも結局のところ大手キャリアから格安SIMに変えるとLIBMOに限らずほぼ100%月額料金は安くなるんですよね。

なので・・・良く目にする他の格安SIMと料金の比較してみました。少し長いのでどこが一番良いの?って方は目次から一番下のランキングを覗いてみてください。

もしかしたら他の格安SIMのが良いかもしれませんが・・・それはそれで笑

LIBMOの料金

低速無制限では現実的に速度に難があるので、一番安く持つことができる価格は下記の表の赤字になります。

▼音声通話SIMの料金▼

データ量 基本料金
3GB 1,580円
6GB 2,180円
10GB 2,980円
20GB 4,680円
30GB 6,580円
ライトプラン(低速無制限) 1,180円

▼データSIMの料金▼

データ量 データ専用 SIM機能付
3GB 880円 1,020円
6GB 1,480円 1,620円
10GB 2,280円 2,420円
20GB 3,980円 4,120円
30GB 5,880円 6,020円
ライトプラン(低速無制限) 480円 620円

<電話オプション>

かけ放題ダブル:1300円

10分かけ放題:850円

LIBMO公式より引用

かけ放題ダブル」は1,300円の追加料金で1通話あたり10分以内の国内通話が0円(発信回数無制限)でご利用いただけるだけでなく、当月の国内通話料上位3番号の通話料が0円(通話時間・発信回数無制限)になります。

LIBMO公式より引用

10分かけ放題」は月額850円で国内通話10分以内の電話が無料になるサービスです。

 

また今だと秋祭りってキャンペーンをしていて、音声通話機能付きSIM料金980円/月になります。

追記:現在でも同様の内容で延長して冬祭りが開始されています。

実はここから更に当サイトから契約すると更に400円引きもしてもらえるので、音声通話機能付きSIM料金580円/月になりますよ

▼当サイト限定キャンペーン実施中▼LIBMO公式サイト

●当サイトから契約に進む必要がある

●1年以内の解約は違約金9,500円掛かる

これから他の格安SIMと比較していくけど、割引条件とか各社ややこしいので割引が基本料金で比較していくよー!

ちなみに最安値の条件に10分かけ放題をつけても・・・

容量3GB+10分かけ放題の月額使用料:2,430円

この価格とどっちが安いかって見ていくよ。ただし上で書いているようにこのブログから登録した場合、6ヶ月間580円/月とかになったりするのですが、他の格安SIMと比較する時は基本料金で比較していきます。(他の格安SIMもそういう期間限定価格はあるので)

下の記事に書いてる株主優待を使用したら、月額料金0円にする事も可能なのでそうなった場合、LIBMOに他の格安SIMが勝てるわけないですしね笑

格安SIM「LIBMO」は株主優待を使えば通信料を更に安くなるって知ってた?こんにちわtachann(@tachann)です。 家計の通信費の割合って結構大きいですよね。少しでも通信費を下げるために格安SI...

他の格安SIMの料金は?

全てを網羅しているわけじゃ無いけど、主に有名でシェアの高いサービスを比較していくよ。調べてわかったんだだけど各社割引サービスで基本料金を見えづらくしてる傾向があったよ。LIBMOも割引サービスを加味しないで記載しているので、概ねLIBMOに近い条件でみました。

ではレッツGO!!

LINEモバイル

LIBMOとの料金比較ではLIBMOの勝利!

ただしLINEモバイルはLINEサービスでの通信量を換算しないというメリットもあるので、LINEサービスをめちゃくちゃ使うって人は案外悪く無い格安SIMです。

LIMBOと同条件(3GB)+10分かけ放題での最安値は

容量3GB+10分かけ放題の月額使用料:2,570円

▼LINEフリープラン▼

データ量 データSIM データSIM(SMS付) 音声通話SIM
1GB 月額500円 月額620円 月額1,200円

*LINE通話のみが無料

▼コミニケーションフリープラン▼

データ量 データSIM(SMS付) 音声通話SIM
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,200円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

*LINE、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムが無料

▼MUSIC+フリープラン▼

データ量 データSIM(SMS付) 音声通話SIM
3GB 1,810円 2,390円
5GB 2,140円 2,720円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,520円

*LINE、ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、LINEMUSICが無料

10分かけ放題:880円/月

んーLINEサービスばっかり使う人だったら面白いですけど、価格的には安い印象は無いです。MUSICを聞くひとはMISICプランで音楽をインターネットで聞くのはありかも。

mineo(マイネオ)

LIBMOとの料金比較ではマイネオの勝利

個人的にはこの「マイネオ」が最も人気のあるサービスじゃないかなーと思っています。今回比較した中でも最安値でした。LIBMOとの比較では70円差です。ただしau回線だけでLIBMOと同じドコモ回線を選択するとLIBMOの方が安くなります。

LIMBOと同条件(3GB)+10分かけ放題での最安値は

容量3GB+10分かけ放題の月額使用料:2,360円

▼auプランの料金▼

データ量 データSIM 音声通話SMS
500MB 700円 1,310円
3GB 900円 1,510円
6GB 1,580円 2,190円
10GB 2,520円 3,130円
20GB 3,980円 4,590円
30GB 5,900円 6,510円

▼ドコモプランの料金▼

データ量 データ専用 SIM機能付
500MB 700円 1,400円
3GB 900円 1,600円
6GB 1,580円 2,280円
10GB 2,520円 3,220円
20GB 3,980円 4,680円
30GB 5,900円 6,600円

*SMS付を選択する場合120円追加

▼ソフトバンクの料金▼

データ量 データ専用 SIM機能付
500MB 790円 1,750円
3GB 990円 1,950円
6GB 1,670円 2,630円
10GB 2,610円 3,570円
20GB 4,070円 5,030円
30GB 5,990円 6,950円

*SMS付を選択する場合180円追加

10分かけ放題:850円/月

さすがのマイネオさん。価格だけを見るだけでも人気さが伺えます。

mineo公式ページ

株主優待前提のLIBMOでないとこの価格帯を下回る事ができない・・・

Y!モバイル

LIBMOとの料金比較ではLIBMOの勝利。

ワイモバイルはソフトバンクの格安SIMになります。他の格安SIMと異なり、10分かけ放題などを外すことができません。2年縛りなどもあったりと条件が他の格安SIMに比べると厳しいです。

1年目はワンきゅっぱ割りなどで1,000円OFFになったりしますが、デフォルトの価格では安い部類ではないかなーと個人的には思います。

LIMBOと同条件(3GB)+10分かけ放題での最安値は

容量3GB+10分かけ放題の月額使用料:2,980円

▼スマホSプラン▼

データ量 基本料金
3GB 2,980円
2年契約なしの場合 5,480円

▼スマホMプラン▼

データ量 基本料金
9GB 3,980円
2年契約なしの場合 6,480円

▼スマホLプラン▼

データ量 基本料金
21GB 5,980円
2年契約なしの場合 8,480円

ちなみにソフトバンクの株主優待で割引を受ける事が出来ます。

株主優待で割引ができるのはワイモバイルとLIBMOだけですよ。

UQモバイル

LIBMOとの料金比較ではLIBMOの勝利。

こちらはauの格安SIMになります。携帯電話会社ってほんと横並びの条件が好きですよね。ほとんどワイモバイルと同じです。10分以内かけ放題のサービスが無く、5分以内かけ放題がデフォルトでついています。

LIMBOと同条件(3GB)+5分かけ放題での最安値は

容量3GB+10分かけ放題の月額使用料:2,980円

▼プランS▼

データ量 基本料金
3GB 2,980円

▼プランM▼

データ量 基本料金
9GB 3,980円

▼プランL▼

データ量 基本料金
21GB 5,980円

条件面だけでいうとY!モバイルの方が、10分かけ放題と長いですし、株主優待制度もあるしでメリットがありそうです。

ちなみにauの株主優待はカタログギフトです。

UQモバイル公式

楽天モバイル

LIBMOとの料金比較ではLIBMOの勝利。

楽天モバイルが一番料金の割引制度がややこしいです。ダイヤモンド会員なら楽天モバイルもありかなと思いますが、2年以上の縛りをつけないと安くならないです。そうであれば乗り換えてキャンペーン使っていった方が安い気がしますしね。

LIBMOと同じ3GBがなかったので比較的近い条件の2GBで比較しました。

LIMBOよりやや少ない条件(2GB)+10分かけ放題での最安値は

容量2GB+10分かけ放題の月額使用料:2,480円

楽天モバイルはどのプランを選んでも10分かけ放題がデフォルトでついています。長期割りが特徴で、使用期間を限定すればするほど安くなります。

▼プランS/2GB▼

最低利用期間 ダイヤモンド会員 楽天会員 それ以外
3年長期割 980円 1,480円 1,980円
2年長期割 1,480円 1,980円 2,480円
1年 1,980円 2,480円 2,980円
デフォルト価格 2,980円 2,980円 2,980円

▼プランM/6GB▼

最低利用期間 ダイヤモンド会員 楽天会員 それ以外
3年長期割 1,980円 2,480円 2,980円
2年長期割 2,480円 2,980円 3,480円
1年 2,980円 3,480円 3,980円
デフォルト価格 3,980円 3,980円 3,980円

▼プランL/14GB▼

最低利用期間 ダイヤモンド会員 楽天会員 それ以外
3年長期割 3,980円 4,480円 4,980円
2年長期割 4,480円 4,980円 5,480円
1年 4,980円 5,480円 5,980円
デフォルト価格 5,980円 5,980円 5,980円

▼プランLL/24GB▼

最低利用期間 ダイヤモンド会員 楽天会員 それ以外
3年長期割 4,980円 5,480円 5,980円
2年長期割 5,480円 5,980円 6,480円
1年 5,980円 6,480円 6,980円
デフォルト価格 6,980円 6,980円 6,980円
楽天カード、楽天市場、楽天銀行、楽天証券など楽天のサービスをメインに使用している方は楽天モバイル一択かと思います。ポイントアップが常時2倍になりますよ!

楽天モバイル公式

格安SIM料金比較ランキング

単純な月額料金だけでランキングを作ってみると、LIBMOが1位ではなかったのが残念です。タイトルが嘘になってしまいました・・・

でもLIBMOは株主優待を使用するとmineo(マイネオ)を抜いて格安SIMでは最安値となりますからあながち嘘ではない・・・はず。

mineo(マイネオ)
mineo(マイネオ)が堂々のランキング1位。au回線の限定となってしまうが、最安値です。データシェアではLIBMOに劣る。
おすすめ度
月額料金 2,360円/月(3GB+10分以内国内通話無料)
データシェア 基本月額料金−50円の追加SIMでシェア可能。
データ繰越 可能

公式ページ

LIBMO(リブモ)
本記事のメインでしたが残念ながら2位との結果に。大手サービスに負けない点は示せたか!?株主優待を用いると1位のマイネオよりも最低でも280円/月も安くなります。
おすすめ度
月額料金 2,430円/月(3GB+10分以内国内通話無料)
データシェア データSIM120円・音声SIMだと700円の追加SIMでシェア可能。
データ繰越 可能

公式ページ

楽天モバイル
楽天モバイルが3位にランクイン。割引サービスが煩雑で全員にもれなく安くならない点がマイナス。楽天のサービスをメインに使用している人はおすすめですよ。
おすすめ度
月額料金 2,480円/月(2GB+10分以内国内通話無料)
データシェア SIMを個別に用意。それぞれに+100円/月でシェア可能。
データ繰越 可能

公式ページ

LINEモバイル
今回紹介した中では真ん中クラスの価格です。自社サービスに特化していて、LINE系アプリは容量カウントされない点がメリット。LINEのサービスをよく使用する方におすすめ。
おすすめ度
月額料金 2,570円/月(3GB+10分以内国内通話無料)
データシェア データプレゼント機能はあるがシェア機能はない。
データ繰越 可能

公式ページ

5位 Y!モバイル
ソフトバンクの格安SIM。他の格安SIMに比べるとやや見劣りする。データシェアは魅力的なもののデータ繰越ができないなど痒いところに手が届かない・・・
おすすめ度
月額料金 2,980円/月(3GB+10分以内国内通話無料)
データシェア Sプラン(980円)Mプラン(490円)Lプラン(無料)で可能。
データ繰越 不可

公式ページ

6位 UQモバイル
auの格安SIM。データシェアができない点がかなり残念。また今回紹介の中でも他の格安SIMでは10分がほとんどの無料通話時間が5分と短い。敢えてここを選択する必要もないかなと思います。au系サービスをよく使用している方は別ですが。
おすすめ度
月額料金 2,980円/月(3GB+5分以内国内通話無料)
データシェア 不可
データ繰越 可能

公式ページ

如何だったでしょうか?
改めて比較してみるとLIMBOではなくマイネオが最安値だったのですが、マイネオとの月額料金差は70円しかありません。しかしながら通信が安定しているドコモ回線で限定するとLIBMOが最安値となります。

またデータシェアの観点でもマイネオは最低でも500MBの音声通話SIMを契約しないといけない(1,310円-50円)ので追加費用が1,260円掛かります。LIBMOは追加SIMは音声付きだと700円/月なので、この点でもLIBMOが安くなります。

LIBMOとマイネオでLIBMOを選ぶべきの人はこんな人です。

如何だったでしょうか?LIBMOが素晴らしいと思う点がいくつもありましたでしょう!?通信費で悩んでいる方はぜひご参考にしてくださいね。

また今だと秋祭りってキャンペーンをしていて、音声通話機能付きSIM料金980円/月になります。

実はここから更に当サイトから契約すると更に400円引きもしてもらえるので、音声通話機能付きSIM料金580円/月になりますよ

▼当サイト限定キャンペーン実施中▼LIBMO公式サイト

ABOUT ME
tachann
tachann
30歳のごく普通の二児パパサラリーマンです。 家計のやりくりもすべて自分がやってまして、お得な情報や資産運用の情報をコンテンツとして役立つブログを配信していきます。 普段の「ほのぼの」もたまには・・・