通信費

LIBMOのデータシェアは絶対お得!!大手キャリアと比較してみたよ。

こんにちわtachann(@tachann)です。

数あるページの中から当ブログへお越し頂きましてありがとうございます。皆様の中で2台目スマホやタブレット、モバイルPCを持っている方はおられますか?

もしポケットwifiなどでスマホとは別に通信費を払っているなら本記事を読んで貰えればよりデメリットもありますが、お得に通信費を削減できると思いますよ。

本記事のテーマは「LIBMOのデータシェア」についてです。データシェアって何?お得なの?どんなメリットがあるの?などのお話になります。

手っ取り早くどこが最安値なの?って方は目次の「まとめて比較してみる」に行けば結果だけがわかります。

LIBMOについてはこちらの記事を

格安SIM「LIBMO」は株主優待を使えば通信料を更に安くなるって知ってた?こんにちわtachann(@tachann)です。 家計の通信費の割合って結構大きいですよね。少しでも通信費を下げるために格安SI...
LIBMOと有名な格安SIMの価格を比較したらやっぱりLIBMOが安かった件こんにちわtachann(@tachann)です。 LIBMOは知名度は無いけども最強の格安SIMの一角だと自負しています。なので...

▼当サイト限定キャンペーン実施中▼LIBMO公式サイト

データシェアとは

データシェアは主契約のSIMカードに追加して追加SIMカードを契約することで、主契約のデータ容量を共有できる制度です。

そのため、例えば2台SIMカードを使いたいときに2枚分の主契約をする必要がなくなるんですね。1枚の主契約と追加SIMだけでOK。

データシェアではなくデータプレゼントという制度でシェアではないが似ているサービスもあります。auなんかがその代表ですね。

ただ1枚1枚主契約をする必要があるので、経費が掛かりやすいです。

大手キャリアのデータシェア

NTTドコモのデータシェア

NTTドコモ公式サイトより引用

家族で1つのシェアパックに入ることでデータシェアをすることができます。契約は主契約と子契約(9回線までOK)になります。

料金について

親回線と子回線で加入するサービスは異なります。シェアパックに加入することを前提とすると下記の通り。

親回線 子回線
基本プラン
+
SPモード
+
シェアパック
基本プラン
+
SPモード
+
シェアオプション

基本プランは3つあるのですが、ここでは最安値で計算していくよ!

<基本プラン>

カケホーダイ:2,700円/月

カケホーダイライト:1,700円/月

シンプルプラン:980円/月

SPモードはインターネット利用料で300円/月掛かります。シェアオプションは500円/月なので、データシェアをする場合の子回線の最低維持費はシンプルプラン(980円)+SPモード(300円)+シェアオプション(500円)で1,780円/月になります。

親回線の料金はデータシェアをする場合、カケホーダイライト(1,700円)+SPモード(300円)+シェアパックで決まります。

カケホーダイライトでなくてもいいのですが、2台中1台はかけ放題にしておいた方が後々の電話料金請求を考えると無難です。ラインでするからいいよって人も公共交通機関などでも電話することもありますからね。

シングルプラン:20円/30秒

カケホーダイライト:5分以内の国内通話無料

カケホーダイ:24時間国内通話無料

シェアパック料金は

サービス名 月額料金
シェアパック5 6,500円
シェアパック10 9,500円
シェアパック15 12,500円
ウルトラシェアパック30 13,500円
ウルトラシェアパック50 16,000円
ウルトラシェアパック100 25,000円

名前の横の数字はデータ容量(GB)を表します。

料金が最安値になるのはシェアパック5で2人分契約した場合の維持費は下記の通りですが、2人で5GBは現実的ではないです。

合計データ容量5GB

親回線:8,000円(1,700円+300円+6,500円)
子回線:1780円(980円+300円+500円)
総額:9,780円
一人当たり:4,890円/月

次に3人分をウルトラシェアパック30で契約した場合(1人あたり10GB)は下記の通りです。

合計データ容量30GB

親回線:15,500円(1,700円+300円+13,500円)
子回線:1,780円×2=3,560円
総額:19,060円
一人当たり:6,353円/月

現実的なデータ容量になると値段も比例して高くなりますね。

ずっとドコモ割は未考慮

機種代金、月々サポートは未考慮

ソフトバンクのデータシェア

ソフトバンクもNTTドコモ同様に家族データシェアというサービスがあります。親回線1回戦に対して子回線最大9回線までシェアが可能です。家族限定サービスです)

料金について

親回線と子回線で加入するサービスは異なります。家族データシェアに加入することを前提とすると下記の通り。

親回線 子回線
基本プラン
+
WEB使用料
+
データ定額
基本プラン
+
WEB使用料
+
データシェアオプション

ここまではドコモと全く同じ系統ですね。基本プランまでドコモと同じです。

談合でもしてんのか!!って感じですね。

基本プラン(2年契約時)

通話基本プラン:1,500円

通話基本プラン+準定額オプション:2,000円

通話基本プラン+定額オプション:3,000円

WEB使用料やデータシェア月額使用料金の設定額も同じなためデータシェアをする場合の子回線の最低維持費は通話基本プラン(1,500円)+WEB使用料(300円)+シェアオプション(500円)で2,300円/月になります。

親回線の料金はデータシェアをする場合、通話基本プラン+準定額オプション(2,000円)+WEB使用料(300円)+データシェア金額で決まります。

通話基本プラン:20円/30秒

通話基本プラン+準定額オプション:5分以内の国内通話無料

通話基本プラン+定額オプション:24時間国内通話無料

このあたりも同じです。家族データシェアは下記の通りです。

サービス名 月額料金
家族データシェア10GB 9,500円
家族データシェア15GB 12,500円
家族データシェア50GB 16,000円
家族データシェア100GB 25,000円

料金が最安値になる家族データシェア10GBの場合で2人分契約した場合の維持費は下記の通りです。10GBしかないのに7,000円は高いですね。。

合計データ容量10GB

親回線:11,800円(2,000円+300円+9,500円)
子回線:2,300円(1,500円+300円+500円)
総額:14,100円
一人当たり:7,050円/月

次に3人分を家族データシェア50GBで契約した場合(1人あたり17GB)は下記の通りです。

合計データ容量50GB

親回線:18,300円(1,700円+300円+16,000円)
子回線:2,300円×2=4,600円
総額:22,900円
一人当たり:7,633円/月

やっぱり高いですね。ソフトバンクでデータシェア自体力を入れてないのかもしれないですね・・・。

各種割引サービス・家族割などは未考慮

機種代金、月々サポートは未考慮

auのデータギフト

ドコモ・ソフトバンクは似たり寄ったりのサービスでしたが、auにはデータシェアというサービス自体ありません。その代わりデータギフトというサービスがあります。(家族間限定サービスです)

もっとも異なる点が親回線・子回線という概念がありません。回線ごとに独立して契約をして、余ったデータ容量を送り合えるサービスになります。

au公式サイトより引用

料金について

データギフトを利用できるプランは限られており、スマホ運用で限定するとシェアしたい端末数だけ契約をします。

親回線 親回線
基本プラン
+
LTE NET
+
データ定額
基本プラン
+
LTE NET
+
データ定額

ドコモやソフトバンクと異なり、どちらも親回線で契約内容もほぼ同じ設定になります。お互い余ったデータを送り合うことで擬似的にシェアする形ですね。LTENETは300円でドコモのSPモードみたいなものです。

データギフトができるプランは下記の通り。

サービス名 月額料金 データ繰越 セットできる料金プラン
データ定額1 2,900円 × スーパーカケホ
データ定額2 3,500円 × カケホ
データ定額3 4,200円 × スーパーカケホ/カケホ
データ定額5 5,000円 全てOK

名前の横の数字はデータ容量(GB)を表します。

基本プラン(2年契約時)

スーパーカケホ:1,700円

カケホ:2,700円

スーパーカケホ(a):2,390円

親回線子回線という概念が無いので、契約台数分で基本プラン+LTENET+定額プランを選択する必要があります。

スーパーカケホ:5分以内の国内通話無料

カケホ:24時間国内通話無料

スーパーカケホ(a):スーパーカケホに合わせて家族間はいつでも無料

料金が最安値になるのは全て1GBで契約する事ですが、分け与える余力も無いと思うので1台目5GB、2台目1GBで2台分契約した時の金額を計算してみます。基本プラン条件はドコモやソフトバンクと近いスーパーカケホにします。

合計データ容量6GB

1台目:7,000円(1700円+300円+5,000円)
2台目:4,900円(1,700円+300円+2,900円)
総額:11,900円
一人当たり: 5,950円/月

やはり高いですね。ドコモのシェアパック5GBの方が安いです。次に5GBを3台分契約して合計15GBでシェアする場合を計算してみると

合計データ容量15GB

1台目:7,000円(1700円+300円+5,000円)
2台目:7,000円(1700円+300円+5,000円)
3台目:7,000円(1700円+300円+5,000円)
総額:21,000円
一人当たり:7,000円/月

ここでもドコモのデータシェア30に負けてしまいます。データギフトの良さはそれぞれが使い切って低速になっても他の端末に影響しない事くらいですかね。

各種割引サービス・家族割などは未考慮

機種代金、月々サポートは未考慮

ここから本記事本命のLIBMOのデータシェアをみてみるよ!!

LIBMOのデータシェア

LIBMOは格安SIMながらも大容量で契約も可能でデータの繰越しも可能です。タブレットだけで使うデータSIMやスマホとして使う音声機能付きSIMなど用途によって使い分ける事が可能です。データシェアができるのは3GB以上のプランからです。

料金について

料金は大手キャリアと異なりシンプルです。下に記載する金額以外月額使用料としてはかかりません。(契約する際の事務手数料3,000円などは掛かります)

データ通信のみ

サービス名 月額料金
3GBプラン 880円
6GBプラン 1,480円
10GBプラン 2,280円
20GBプラン 3,980円
30GBプラン 5,880円

データ通信+SMS

サービス名 月額料金
3GBプラン 1,020円
6GBプラン 1,620円
10GBプラン 2,420円
20GBプラン 4,120円
30GBプラン 6,020円

データ通信+音声通話+SMS

サービス名 月額料金
3GBプラン 1,580円
6GBプラン 2,180円
10GBプラン 2,980円
20GBプラン 4,680円
30GBプラン 6,580円

親回線と子回線の契約でデータシェアをすることができるLIMBOですが、大手キャリア9回線の子回線に比べてLIBMO親回線含めて3回線が最大です。この点は劣りますね。

またSIMカードを追加する際に1枚毎に事務手数料3,000円掛かります。

子回線を作る場合の料金は大手キャリアと異なり基本料金が必要ありません。下記金額だけ月額利用料として掛かるだけです。

子回線のデータシェア料金

データ通信のみ:120円

SMS機能付き:140円

音声機能付き:700円

つまり親回線の主契約に子回線のデータシェア利用料が上乗せされるだけになります。大手キャリアでも例として計算していた料金をLIBMOでもしてみると・・・

大手キャリアでも5分以内国内通話無料が付いている基本プランのため、今回の計算ではLIMBOのオプション「10分かけ放題:850円/月」を付けます

2人分のスマホを利用することを前提に合計容量6GBで契約した場合、下記の金額になります。

合計データ容量6GB

1台目:3,030円(2,180円+850円)
2台目:700円
総額:3,730円
一人当たり: 1,865円/月

や、安すぎる・・・

次に3名分を30GBのデータ容量で使用する場合で計算してみると、下記の金額になります。

合計データ容量30GB

1台目:7,430円(6,580円+850円)
2台目:700円
3台目:700円
総額:8,830円
一人当たり: 2,943円/月

もはや大手キャリアの半額以下になってしまいました。格安SIM恐るべしですね。

まとめて比較してみると

長々と書いていましたが、データシェアでの金額をまとめて比較してみると、このような結果に!!

5GB〜10GBの場合(2台分)

キャリア 料金
ドコモ(5GB) 9,780円
ソフトバンク(10GB) 14,100円
au(6GB) 11,900円
LIMBO(6GB) 3,730円

30GB〜50GBの場合(3台分)

キャリア 料金
ドコモ(5GB) 19,060円
ソフトバンク(10GB) 22,900円
au(15GB) 21,000円
LIMBO(30GB) 8,830円

LIBMOの圧勝ですね。実はここから株主優待を使えばさらにLIBMOは月額使用料を落とすことが出来ます。

▼詳しくはこちら▼

格安SIM「LIBMO」は株主優待を使えば通信料を更に安くなるって知ってた?こんにちわtachann(@tachann)です。 家計の通信費の割合って結構大きいですよね。少しでも通信費を下げるために格安SI...
LIBMOと有名な格安SIMの価格を比較したらやっぱりLIBMOが安かった件こんにちわtachann(@tachann)です。 LIBMOは知名度は無いけども最強の格安SIMの一角だと自負しています。なので...

如何だったでしょうか?まだ通信料が高くて困っている家庭などはぜひ参考にして頂ければと思います。

また今だと秋祭りってキャンペーンをしていて、音声通話機能付きSIM料金980円/月になります。

追記:現在でも同様の内容で延長して冬祭りが開始されています。

実はここから更に当サイトから契約すると更に400円引きもしてもらえるので、音声通話機能付きSIM料金580円/月になりますよ

▼当サイト限定キャンペーン実施中▼LIBMO公式サイト

 

ABOUT ME
tachann
tachann
30歳のごく普通の二児パパサラリーマンです。 家計のやりくりもすべて自分がやってまして、お得な情報や資産運用の情報をコンテンツとして役立つブログを配信していきます。 普段の「ほのぼの」もたまには・・・