お金の知識

共働きをする前に考えるべき4つの壁(103万、106万、130万、150万)

こんにちわtachann(@tachann)です。

世の中には専業主婦してる方も共働きしてる方もいますよね。娘の出産の時に奥さんが仕事を辞めて私の扶養に入りました。

仕事をしたりすると「103万円の壁」って聞いたことありませんか?この103万円の壁が2018年度から「150万円の壁」へと変更になったのですが、実際どういう壁で何が変わるのかご説明したいと思います。

103万の壁

この103万円というのは配偶者が住民税や所得税を払わずに済み、そして超えると旦那側の税金負担が大きくなるボーダーラインを指します。しかしながら2018年度からこの基準値が変更され、150万円の壁と呼ばれています。

所得税

所得税は給与所得控除65万円と基礎控除38万円を合算し103万円までは0円で済みます。この103万円を超えると所得税が発生するため103万円の壁とも言われます。

住民税は100万円の壁でと言われてまして100万円を超えると負担する必要がある壁になります。自治体によって異なったりしますので注意が必要ですが。

配偶者控除と配偶者特別控除

奥さんの所得103万円までは旦那さん所得から38万円控除されています。この制度を配偶者控除と呼び、103万円を超え141万円までは段階的に控除額が減り141万円で控除されなくなる制度を配偶者特別控除と言います。

103万円超えると控除を全くしないとなるのはいきなり負担が大きすぎるので段階的な制度として配偶者特別控除があるんですね。

扶養手当の有無

配偶者控除と配偶者特別控除は税制面での壁でした。ただ勤めている会社独自の扶養手当などの制度もこの103万円の壁を基準としているところが多いです。

奥さんや子供を扶養している場合、扶養手当を頂いたりしていませんか?

この扶養をしているかしていないかの基準が103万円にあたるわけです。会社にもよりますが、超えてしまうと扶養手当が貰えない。一度ご自身の会社で確認してみるといいですね。

例えば1.5万円手当があれば年間で18万円の所得減となります。103万円〜121万円まではこの扶養手当が外れることで働き損となり103万以下に抑えた方が得だということになりますね。

150万円の壁

2018年に税制面の壁は150万円の壁へと引き上げられました。具体的なイメージで見ますと、

150万円までは配偶者控除、150万円から201万円までを配偶者特別控除とスライドしているのがわかると思います。所得上限はあるものの、上限が引き上げられた事で、旦那側での控除問題は幾分かマシになった形と言えます。

ただしこれは上で挙げたものだけになるので、所得税や扶養手当などはやはり103万円の壁として以前残っています。

実はまだあるいろんな壁

103万円の壁も150万円の壁もどちらも税制面の問題や扶養手当などの会社規定などを指してます。次に記載するのは全く別の問題です。それは

『社会保険に関する壁』

一緒にしがちですが、上の問題とは全く別です。

106万の壁

2016年に制定されたものですが、全員に当てはまるわけではありません。次の全てに該当する方が当てはまります。

週20時間以上労働

年収106万以上(月8.8万円)

雇用期間1年以上

従業員数501名以上

上記全てに当てはまると、ご自身の勤務先の社会保険に入らないといけないです。なのでその分、社会保険料負担が増えるため、106万円の壁と言われています。

世帯収入が下がる一方で厚生年金などの加入によって将来受け取る年金額が増えたりとデメリットだけではないですが。

130万の壁

106万円の壁に該当しない方も130万円を超えると強制的にご自身で社会保険に入らないといけません。

というのも130万円を超えると旦那さんの扶養対象から外れてしまうため、国民年金や国民健康保険などにご自身で加入して社会保険料を払う必要があります。

この130万円の段階で旦那さんの扶養手当などが外れるケースもあったりするため、ここを超えるかどうかはかなり重要なポイントです。

共働きをする際の4つの壁

ここまで103万円、106万円、130万円、150万円と4つの壁をご説明しました。103万円と150万円は税制面での壁で、106万円と130万円は社会保障面での壁となります。

この中で働き損と言われる損益分岐点になりそうなポイントは

130万円
150万円

この2点です。ここを超えそうな場合は思いっきり超えてしまうか、調整するなどした方が世帯所得は上がる確率が高くなりますよ。

人生で5回お金が貯まる時期って?貯金が出来ないのは仕方ない訳。こんにちわtachann(@tachann)です。 皆さんは計画的に貯金が出来ていますでしょうか?将来のためになんとか切り詰めて貯...