生活

コンビニATM手数料が無料の銀行はソニー銀行かSBJ銀行の2択だぞ

こんにちわtachann(@tachann)です。

皆さんは銀行を何行使い分けてますか?私は幾つか開設していますが、主に使用しているのは3行です。

今回はその中でもソニー銀行、SBJ銀行について紹介したいと思います。元々ソニー銀行、SBJ銀行は使ってなかったのですが、新生銀行がコンビニ手数料を有料化するという改悪をしたため新しい銀行として私は2つのうちソニー銀行を開設しました。

私が元々メインで使っていた銀行は下記の通りでした。

三菱UFJ銀行

住信SBIネット銀行

新生銀行

UFJ銀行は給与口座・クレジット支払い口座。SBIネット銀行は貯蓄、投資用口座。

新生銀行はお小遣いや手当が振り込まれる口座として使ってたので、出金が多い銀行としてどのコンビニでも無料の新生銀行は重宝してました。

それなのにそれなのに、、

新生銀行の引き落とし改悪について

はい。改悪です。一回あたり108円って何よ。しかもどこで下ろしてもお金取るとか。。

私みたいな小遣い専用小口口座の人はゴールドとか無理やしな。ちなみに投資とかしなくて本当に銀行機能だけでゴールドまで行こうとすると

200万円が条件です。いきなりハードル上げすぎやろ。。

ちなみに投資用で使ってる住信SBI銀行は

30歳未満

月末残高30万円以上

どちらかを満たすだけで、月5回までどのATMでも無料になります。新生銀行の改悪っぷりが酷いです。なので、小遣い用銀行として乗り換え先を探したのがきっかけでソニー銀行を選んだというわけです。

他のサイトとかだと色々比較とかしてますが、ぶっちゃけじゃあどこがいいのって話になるので、小遣い程度(10万円以下)くらいの人がコンビニでチャチャっとお金を下ろすのに最適な銀行はどこか?と言うのをこの記事で思っていただければ幸いです。

ソニー銀行

ソニー銀行も新生銀行や住信SBIネット銀行と同じくランクアップ制度を取ってます。

今回私のように投資もしない・小遣いなどの少額資金を入れたいって人はソニー銀行が一番メリットがあるおすすめの銀行です。その理由は下に書いていきますね。

ATM手数料

現時点ではイオン銀行、セブン銀行のATMは何回でも無料。それ以外のATMでは月4回まで無料となっていますが、2019年1月頃からどのATMでも月4回までとこちらも改悪されます。とは言え新生銀行よりは全然マシです。

正直月4回以上は小遣い口座であっても必要ないかなと思います。毎週その週に使う分下ろしてもまだ無料なので。

SBJ銀行との違いはローソン、三菱UFJ銀行、三井住友銀行でも提携しています。SBJ銀行との比較ではみずほ銀行が唯一入っていないです。

振込手数料

他行宛振込手数料はデフォルトで月1回無料です。ですが、口座開設する際にデビットカード付きキャッシュカード(Sony Bank WALLET)を選択すると自動で月1回振込手数料無料枠が増えます。

Sony  Bank WALLET自体は無料で作れるので実質2回/月まで他行宛振込手数料は無料になります。

SBJ銀行では月3回までがデフォルトなので、この点においてはソニー銀行は負けてます。月3回も他行に振込みすることもあまり私は無いのですが。

SBJ銀行

あまり聞きなれない銀行かもしれませんが、韓国の新韓銀行から100%出資を受けた銀行になります。

聞きなれないので、「大丈夫かなー?」と心配になるかもしれませんが、日本の預金保証制度(ペイオフ)に加入しているので元本1,000万円までは保証してくれます。

国内では10支店と少なく都市部にしか無いです。

個人的には国内で住んでるので、やはり国内企業がいいってのもあってソニー銀行にしました。この辺は人によると思います。

ATM手数料

ソニー銀行を上回る高条件が魅力のSBJ銀行。セブン、イオンにおいては何回でも無料。ファミリーマートなどでは月10回までと無料になる条件はあるものの、こんなに使うことはないでしょう。

ただしローソンや三菱UFJ銀行、三井住友銀行が入っていないため、網羅しているのはソニー銀行に分があります。その代わりにみずほ銀行があります。

メインバンクがみずほの場合、SBJ銀行の方がいいかもしれませんね。

振込手数料

ジャパンネット銀行と楽天銀行以外は月7回まで無料となります。ジャパンネット銀行、楽天銀行の場合は月3回。喧嘩でもしてるんか?ってくらい条件に差がありますね。

とは言え上にも書きましたが月3回でも十分すぎるので特に問題は無いかと思います。

他の銀行は?

ATM手数料ということだけを考えると、ランクボーナス無しで好条件は他の銀行では見当たりません。他の銀行ではお預かり総資産額などランク条件によって左右されるのがほとんどです。

ソニー銀行・SBJ銀行は最低ランクで上に書いた条件となるのが魅力なのです。とりあえず他の銀行条件も軽く書いておきますね。

記載条件はランク最低条件になります。

楽天銀行

出金手数料:216円〜270円/回がデフォルトです。無料枠は上のステージによります。

ジャパンネット銀行

月1回は無料ですが2回目以降は3万円以上でないと無料になりません。小遣い専用には厳しい仕様。。

住信SBIネット銀行

月2回までデフォルトで無料になります。ランク2には30歳未満か30万円以上の月末お預かり資産が必要です。私も投資用銀行として使ってる銀行です。

イオン銀行

イオン、ミニストップでは365日24時間無料ですが他のATMでは条件が付きます。108円〜216円/回がデフォルトになります。イオン関連のサービスをよく使う人はブロンズあたりまでは比較的簡単に行けますがそれでも無料枠は少ないです。

じぶん銀行

最低ランクでは月2回まで無料ですが、超えると108円/回の手数料が掛かります。ランク2まで行くのに幾つか複数の条件があります。25歳未満、10万円以上月末お預かり資産など他にもクリアしなければいけません。

新生銀行

上にも書きましたが、ゴールドの条件が厳しすぎます(月末預かり資産200万円以上)。デフォルトでは108円/回の手数料が掛かります。長らく使ってましたがバイバイ新生銀行です。

まとめ

ソニー銀行がいい人

ローソンやメガバンクでもお金を下ろす。

週1回で充分。

上記に当てはまる人はSBJ銀行よりソニー銀行の方が向いていると思います。

SBJ銀行がいい人

日本企業じゃなくてもいい。

お金を下ろす先が決まってる。

一番好条件の銀行がいい

上記に当てはまる人はソニー銀行よりSBJ銀行の方が向いていると思います。

お金を下ろすのに手数料が取られるのって馬鹿らしいですもんね。色々調べた結果、おすすめのコンビニATMの手数料が無料の銀行はソニー銀行かSBJ銀行ってこと。

 

ちなみに手数料よりも節約効果が高いのは圧倒的に通信料です。まだスマホの通信料が5,000円以上の方はぜひ格安SIMへ切り替えをお勧めしますよ。
LIBMOと有名な格安SIMの価格を比較したらやっぱりLIBMOが安かった件こんにちわtachann(@tachann)です。 LIBMOは知名度は無いけども最強の格安SIMの一角だと自負しています。なので...