権利確定月【3月】

優待権利は500株保有から!小田急電鉄(9007)の株主優待と配当のおすすめ

こんにちわtachann(@tachann)です。

本記事は株主優待制度のある銘柄の紹介コーナーになります。

今回は小田急電鉄(9007)の登場です。

各データは執筆時点になります。詳しくは株価の最新はこちらを参照ください。

個人的なコメントも記載していますが、投資スタイルは様々ですので投資に関しては自己責任でお願い致します。

*本ページの写真は公式サイトより引用しております。

小田急電鉄(9007)とは

小田急電鉄は神奈川と東京の東西を結ぶ鉄道事業を行う私鉄を中軸とした企業グループです。

ローカル線として箱根・江ノ島観光も運営しています。

他の電鉄会社同様、電鉄事業だけじゃなくホテルや不動産、小田急百貨店など多角化しているのが特徴です。

百貨店業界は全体で年間7兆5,000億円以上も売上があるビックマーケットです。百貨店銘柄として下記をピックアップしましたが、売上などは実際は百貨店以外の部分があるので、参考値となります。

名称の下に2018年度売上/純利益も記載します。

(3099)三越伊勢丹HD
1兆2,689億円/ ▲9.6億円

(9005)東京急行電鉄
1兆1,386億円/ 701億円

(8233)高島屋
9,496億円/ 237億円

(8242)エイチツーオーリテイリング
9,219億円/ 146億円

(9048)名古屋鉄道
6,048億円/ 287億円

(9001)東武電鉄
5,695億円/ 360億円

(9007)小田急電鉄
5,247億円/ 293億円

(3086)Jフロントリテイリング
4,700億円/ 285億円

(9008)京王電鉄
4,347億円/ 239億円

(9006)京浜急行電鉄
3,157億円/ 162億円

(8244)近鉄百貨店
2,822億円/ 15億円

(9009)京成電鉄
2,550億円/ 348億円

(8252)丸井グループ
2,390億円/ 209億円

(8251)パルコ
916億円/ 78億円

(8237)松屋
906億円/ 13億円

(8260)井筒屋
783億円/ 6.8億円

(8247)大和
455億円/ 0.9億円

(8254)さいか屋
199億円/ ▲1.3億円

(8257)山陽百貨店
192億円/ 1億円

(9829)ながの東急百貨店
190億円/ 2.5億円

株主優待&配当について

株主優待内容

権利確定月 3月、9月
優待内容 1.①電車全線優待乗車証(回数券式、1枚1乗車有効)②電車全線優待乗車証(定期券式)③電車全線および小田急バス全線優待乗車証(定期券式)

500株〜:①4枚
1,500株〜:①10枚
2,500株〜:①20枚
3,500株〜:①30枚
5,000株〜:①40枚
10,000株〜:①80枚
15,000株〜:①30枚、②1枚または①110枚
30,000株〜:①30枚、③1枚または①60枚、②1枚または①140枚

*有効期限6ヶ月
*3年以上継続保有の場合、下記保有株数よって追加優待。

1,500株〜:①3枚追加
5,000株〜:①6枚追加
15,000株〜:ゴルフ施設割引券、自社カレンダー(9月末のみ)

その他の優待として、年二回下記優待を贈呈。

500株〜:小田急グループ関連施設の各種割引券(ショッピング、ホテル、レストラン、ゴルフ、レジャー施設など)

優待利回りは500株保有で???%となっています。

小田急電鉄は100株保有では優待はもらえません。最低保有数は500株で必要な投資額としては110万円近くなるので敷居は非常に高い銘柄となっています。

そのため、利回りは???としていますがかなり低いので利回りメインでは買いづらいですね。

優待の乗車証の他にサービス券が貰えます。その中にある百貨店割引券が使いやすく、小田急百貨店では1,000円以上のお買い上げで10%割引になる券が貰えますよ。

配当

年間配当は1株あたり21円です。

配当利回り:0.87%

配当も優待同様低いですね。おそらく合算しても1.0%は超えないのでその点は残念ですね。

執筆時点株価:2,418円(最新価格はこちら

株価&指標について

株価推移 

株価はなだらかな右肩上がりです。驚くべきことにリーマンショックなどの外的要因で引き起こされる下落にほとんど影響を受けていない点です。

非常に安定した企業で、下落相場に強いディフェンス銘柄としてPFに組み込むのもありかもしれません。

指標

予想PER 28.45倍
予想PBR 2.32倍
自己資本比率 29.6%

指標面は全く割安ではありません。同業他社と比べてもやや割高となっているくらいです。

自己資本比率は低いですが、業界的には平均的な数字のため問題はなさそうです。

同業他社との比較

同業他社の指標は以下の通りです。

PER PBR
三越伊勢丹HD 32.97倍 0.75倍
東京急行電鉄 22.15倍 1.54倍
高島屋 11.9倍 0.58倍
エイツーオーリテイリング 18.28倍 0.69倍
名古屋鉄道 20.31倍 1.48倍
東武電鉄 27.06倍 1.44倍
小田急電鉄 28.45倍 2.32倍
Jフロントリテイリング 10.48倍 0.78倍
京王電鉄 29.6倍 2.08倍
京浜急行電鉄 22.3倍 1.88倍
近鉄百貨店 34.16倍 4.01倍
京成電鉄 17.22倍 1.59倍
丸井グループ 18.73倍 1.72倍
パルコ 14.86倍 0.82倍
松屋 40.83倍 2.7倍
井筒屋 0.35倍
大和 20.67倍 0.37倍
さいか屋 1.47倍
山陽百貨店 —-
ながの東急百貨店 20.01倍 0.59倍

*電鉄会社の売上やPERは百貨店だけでは無く、電鉄事業も含まれています。

【株を始めるその前に】PERの意味と使い方を誰でもわかるように解説するよこんにちわtachann(@tachann)です。 株主優待が欲しいから企業の株を買う。 配当金が欲しいから企業の株を買う。...
【株を始めるその前に】PBRの意味と使い方を誰でもわかるように解説するよこんにちわtachann(@tachann)です。 株式投資をやってるとよく「PBR1倍以下だから割安」とか書いている記事を目にす...
自己資本比率の意味と使い方。「数値が高いほど優良企業」は間違いである理由とはこんにちわtachann(@tachann)です。 私のブログで株主優待のご紹介をする際にPER、PBR、自己資本比率は必ず書くよ...

キャッシュフロー

営業キャッシュフロー 853億円
投資キャッシュフロー △526億円
財務キャッシュフロー △80億円
現金同等物 439億円

執筆時点のキャッシュフローです。有利子負債5,920億円に対して現金同等物は439億円とネットキャッシュフローがかなり低いです。

売上・利益ともに長年横ばいが続いています。悪く言えば成長していないですが、よく言えば安定して利益が確保できるとも言い換えれます。

ネットキャッシュフローは低いですが、同業他社どの企業を見てもこの程度の数字となっているので、問題はなさそうです。

キャッシュフローで分類すべき3つの企業の型。企業の稼ぐ力を見極めよう。こんにちわtachann(@tachann)です。 株式投資を始めたい。 就活生だけど検討している会社は黒字か赤字かどっ...

まとめ

神奈川県民に馴染み深い小田急電鉄ですが、優待を貰うまでの最低投資金額が110万近くと非常に高い銘柄です。

そのため優待利回りが低くなってしまってるのは残念ですね。

利回りということを除けば、リーマンショックでもほとんど下落しないディフェンス銘柄としては優秀な企業ですよ!

投資は元本割れも十分にあり得るので、投資をする際は余力資金と長期目線。投資は自己責任なので慎重にお願いしますね。

▼株主優待を貰うために口座開設▼



ABOUT ME
tachann
tachann
30歳のごく普通の二児パパサラリーマンです。 家計のやりくりもすべて自分がやってまして、お得な情報や資産運用の情報をコンテンツとして役立つブログを配信していきます。 普段の「ほのぼの」もたまには・・・