権利確定月【2月】

買い下がりOK!?買物優待券が貰えるイズミ(8273)の株主優待と配当を紹介するよ

こんにちわtachann(@tachann)です。

本記事は株主優待制度のある銘柄の紹介コーナーになります。

今回はイズミ(8273)の登場です。

各データは執筆時点になります。詳しくは株価の最新はこちらを参照ください。

個人的なコメントも記載していますが、投資スタイルは様々ですので投資に関しては自己責任でお願い致します。

*本ページの写真は公式サイトより引用しております。

イズミ(8273)とは

株式会社イズミは中国・四国・九州エリアに「ゆめタウン」を展開しています。あまり関東の人は知らない方も多いはず。

広島が拠点の会社だよ!

イオンモールに似たショッピングモールを想像してもらえればいいかと思います。

モール展開のため店舗数は多くはなく、西日本だけの出店で110店舗です。

スーパーマーケット業界は全体で年間17兆2,020億円も売上があるビックマーケットです。その中でも群を抜いているのは2トップのイオンとセブン&アイHDです。その下に追随する企業は以下の通り。名称の下に2018年度売上/純利益も記載します。

(8267)イオン
8兆3,900億円/ 245億円

(3382)セブン&アイHD←優待はなし。
6兆378億円/ 1,811億円

(8028)ユニーファミリーマートHD←優待はなし。
1兆2,753億円/ 337億円

(8273)イズミ
7,299億円/ 269億円

(3222)ユナイテッドスーパーマーケットHD
6,922億円/ 75億円

(8194)ライフコーポレーション←優待はなし。
6,778億円/ 66億円

(9956)バローHD
5,440億円/ 76億円

(9948)アークス
5,140億円/ 103億円

(8276)平和堂
4,381億円/ 94億円

(8279)ヤオコー
4,150億円/ 110億円

(3038)神戸物産
2,700億円/ 99億円

(8182)いなげや
2,548億円/ 11億円

(9974)ベルク
2,114億円/ 69億円

(7643)ダイイチ
408億円/ 8億円

株主優待&配当について

株主優待内容

権利確定月 2月、8月
優待内容 1.①優待券100円または②ギフト券

100株〜:①20枚または②500円相当
200株〜:①30枚または②500円相当
300株〜:①40枚または②500円相当
400株〜:①50枚または②500円相当
500株〜:①60枚または②500円相当
1,000株〜:①100枚または②2,000円相当
2,000株〜:①200枚または②2,000円相当
3,000株〜:①300枚または②2,000円相当
4,000株〜:①400枚または②2,000円相当
5,000株〜:①500枚または②2,000円相当
6,000株〜:①600枚または②2,000円相当
8,000株〜:①800枚または②2,000円相当
10,000株〜:①1000枚または②2,000円相当

*①は1,000円以上の買い物につき1,000円ごとに1枚利用可。取り扱い店:「イズミ全店」「ゆめマート」

*300株以上を2年以上継続保有した2月株主には2,000円相当の自社商品券または②500円相当追加。1,000株以上保有の場合は4,000円相当の自社商品券または②1,000円相当追加。

2.

100株〜:「泉美術館」招待券1枚

優待利回りは100株保有で0.77%となっています。

段階的に優待内容が拡充するので、買い下がることができます。最も利回りが高いのは100株の時ですけどね。

300株から長期保有制度があるので、100株から購入して買い下がり300株でストップするのが良さそうです♪

配当

年間配当は1株あたり80円です。

配当利回り:1.53%

優待利回りと配当利回りを合算すると2%少しとなっているので、そこまでリターンは大きくありません。

執筆時点株価: 5,220円(最新価格はこちら

株価&指標について

株価推移 

2012年頃から株価は右肩上がりとなっており1,000円台だったのが一時8,000円台と約8倍まで伸長しました。

現在は調整中なのか5,000円台まで落ちており、下値目処は4,000円あたりだと思われます。

新規買いなら4,000円台辺りから買い下がりたいですね。

指標

予想PER 16.89倍
予想PBR 1.98倍
自己資本比率 39.2%

指標面では一般的にも同業他社と比べても平均的だと思います。自己資本比率も平均的です。

同業他社の指標は以下の通りです。

イオン 53.35倍 1.67倍
セブン&アイHD 20.43倍 1.74倍
ユニーファミリーマートHD 51.14倍 3.26倍
イズミ 16.89倍 1.98倍
ユナイテッドスーパーマーケットHD 25.29倍 1.9倍
ライフコーポレーション 15.73倍 1.52倍
バローHD 15.9倍 1.17倍
アークス 14.3倍 0.98倍
平和堂 15.54倍 0.99倍
ヤオコー 20.81倍 2.62倍
神戸物産 16.44倍 5.28倍
いなげや 131.39倍 1.25倍
ベルク 16.03倍 1.81倍
ダイイチ 8.33倍 0.65倍

 

【株を始めるその前に】PERの意味と使い方を誰でもわかるように解説するよこんにちわtachann(@tachann)です。 株主優待が欲しいから企業の株を買う。 配当金が欲しいから企業の株を買う。...
【株を始めるその前に】PBRの意味と使い方を誰でもわかるように解説するよこんにちわtachann(@tachann)です。 株式投資をやってるとよく「PBR1倍以下だから割安」とか書いている記事を目にす...
自己資本比率の意味と使い方。「数値が高いほど優良企業」は間違いである理由とはこんにちわtachann(@tachann)です。 私のブログで株主優待のご紹介をする際にPER、PBR、自己資本比率は必ず書くよ...

キャッシュフロー

営業キャッシュフロー 425億円
投資キャッシュフロー △290億円
財務キャッシュフロー △154億円
現金同等物 83億円

執筆時点のキャッシュフローです。有利子負債1,662億円に対して現金同等物は83億円とかなり少ないです。この点に関しては少し注意が必要です。

売上、営業キャッシュフローともに毎年伸ばしているので今のところは問題ありません。

キャッシュフローで分類すべき3つの企業の型。企業の稼ぐ力を見極めよう。こんにちわtachann(@tachann)です。 株式投資を始めたい。 就活生だけど検討している会社は黒字か赤字かどっ...

まとめ

西日本では有名な「イズミ」は業界でも4番手とかなり大手の方に入ります。

優待はスーパーマーケット銘柄らしい買物券で長期保有制度もあるので、長く保有しやすい銘柄です。

東日本にも出店余地はあるので、まだまだ成長余力はありそうだな・・・と感想を。

投資は元本割れも十分にあり得るので、投資をする際は余力資金と長期目線。投資は自己責任なので慎重にお願いしますね。

▼株主優待を貰うために口座開設▼



ABOUT ME
tachann
tachann
30歳のごく普通の二児パパサラリーマンです。 家計のやりくりもすべて自分がやってまして、お得な情報や資産運用の情報をコンテンツとして役立つブログを配信していきます。 普段の「ほのぼの」もたまには・・・