権利確定月【3月】

紳士服業界No1!青山商事(8219)の株主優待と配当を紹介するよ

こんにちわtachann(@tachann)です。

本記事は株主優待制度のある銘柄の紹介コーナーになります。

今回は青山商事(8219)の登場です。

各データは執筆時点になります。詳しくは株価の最新はこちらを参照ください。

個人的なコメントも記載していますが、投資スタイルは様々ですので投資に関しては自己責任でお願い致します。

*本ページの写真は公式サイトより引用しております。

青山商事(8219)とは

広島に本社を置く紳士服を企画・製造・販売をする会社で主な店舗に「洋服の青山」「ザ・スーツカンパニー」があります。

国内の紳士服販売での売上はNo1で実は業界で47都道府県全てに店舗を構えているのは青山商事となります。ギネスブックでスーツ販売着数世界一認定を受けていますよ。

国内では「洋服の青山」が702店舗、「ザ・スーツカンパニー」が31店舗で店舗数でも業界No1。

2018年度の紳士服販売会社の売上順位で青山商事2,500億円、アオキホールディングス1,980億円、コナカ680億円、はるやま570億円となります。

株主優待&配当について

同業他社に比べると優待内容は魅力的ではありませんが、配当利回りが最も高いです。

株主優待内容

権利確定月 3月、9月
優待内容 100株〜:15%割引券3枚
1,000株〜:15%割引券4枚
3,000株〜:15%割引券5枚

配当

年間配当は1株あたり160円です。

配当利回り:5.71%

直近で株価が落ちたこともあり、配当利回りは驚くほど高いです。銀行金利とか考えると500倍以上になりそうですね。

執筆時点株価:2,802円(最新価格はこちら

株価&指標について

株価推移

リーマンショック後は1,000円〜1,700円のボックス相場でしたが、アベノミクス(2013年頃)以降はボックスを上抜けし最高値5,000円をつけました。以降下落傾向となっており配当利回りが高くなっております。

指標

予想PER 21.67倍
予想PBR 0.63倍
自己資本比率 58.0%

指標面から見ても割安水準です。同業他社の中では若干割高ですね。紳士服販売の業界自体、割安な傾向があるようです。

PER PBR
アオキ 17.38倍 0.85倍
コナカ 21.73倍 0.30倍
はるやま 10.85倍 0.41倍

 

【株を始めるその前に】PERの意味と使い方を誰でもわかるように解説するよこんにちわtachann(@tachann)です。 株主優待が欲しいから企業の株を買う。 配当金が欲しいから企業の株を買う。...
【株を始めるその前に】PBRの意味と使い方を誰でもわかるように解説するよこんにちわtachann(@tachann)です。 株式投資をやってるとよく「PBR1倍以下だから割安」とか書いている記事を目にす...
自己資本比率の意味と使い方。「数値が高いほど優良企業」は間違いである理由とはこんにちわtachann(@tachann)です。 私のブログで株主優待のご紹介をする際にPER、PBR、自己資本比率は必ず書くよ...

キャッシュフロー

営業キャッシュフロー 279億円
投資キャッシュフロー △69億円
財務キャッシュフロー △105億円
現金同等物 488億円

執筆時点のキャッシュフローです。現預金もかなり持っており、営業キャッシュフローも堅調に黒字。さすが業界No1ですね。

自己資本比率も高く倒産リスクも非常に少ないので、高配当銘柄としては投資価値がありそうです。

キャッシュフローで分類すべき3つの企業の型。企業の稼ぐ力を見極めよう。こんにちわtachann(@tachann)です。 株式投資を始めたい。 就活生だけど検討している会社は黒字か赤字かどっ...

まとめ

株主優待目的では同業他社に比べると見劣りするものの、業界No1の青山商事は配当利回りが最も高いです。

優待銘柄というより高配当銘柄としての側面が強い企業ですね。

投資は元本割れも十分にあり得るので、投資をする際は余力資金と長期目線。投資は自己責任なので慎重にお願いしますね。

▼株主優待を貰うために口座開設▼



 

ABOUT ME
tachann
tachann
30歳のごく普通の二児パパサラリーマンです。 家計のやりくりもすべて自分がやってまして、お得な情報や資産運用の情報をコンテンツとして役立つブログを配信していきます。 普段の「ほのぼの」もたまには・・・