権利確定月【12月】

特別セール会場へご招待!山陽商会(8011)の株主優待と配当のオススメ

三陽商会の株主優待と配当

こんにちわtachann(@tachann)です。

本記事は株主優待制度のある銘柄の紹介コーナーになります。

今回は山陽商会(8011の登場です。

各データは執筆時点になります。詳しくは株価の最新はこちらを参照ください。

個人的なコメントも記載していますが、投資スタイルは様々ですので投資に関しては自己責任でお願い致します。

*本ページの写真は公式サイトより引用しております。

山陽商会(8011)とは

山陽商会は東京都渋谷に本社を構えるアパレルメーカーです。

主な販売網としては百貨店が多く、商品としては自社ブランドのみならず海外ブランドのライセンス契約を結んで販売していることも多いです。

2015年には「英バーバリー」とのライセンス契約解除で当時話題になった企業ですね。

その他、主なブランドとしては「サンヨー」「マッキントッシュ」「ラブレス」「ポールスチュアート」「ギルドプライム」などがあります。

バーバリーとのライセンス契約解除によって直近の業績は厳しくなんとか持ち直して欲しいものですね。

アパレル業界は全体で年間5兆3,750億円以上も売上があるビックマーケットです。

アパレル銘柄として下記をピックアップしましたが、売上などは実際はアパレル以外の部分があるので、参考値となります。

ユニクロの「ファーストリテイリング」を筆頭に紹介企業数としては46社とかなり多いですよー!!

名称の下に2018年度売上/営業利益も記載します。

(9983)ファーストリテイリング←優待なし
2兆1,300億円/2,362億円

(8227)しまむら
5,651億円/429億円

(8219)青山商事
2,548億円/206億円

(3612)ワールド
2,458億円/132億円

(8016)オンワードホールディングス
2,431億円/52億円

(2685)アダストリア
2,228億円/50億円

(8214)AOKIホールディングス
1,984億円/1
49億円

(3591)ワコールホールディングス
1,957億円/125億円

(9997)ベルーナ(さが美グループHD)
1,617億円/130億円

3608)TSIホールディングス
1,555億円/22億円

(7606)ユナイテッドアローズ
1,544億円/105億円

(3002)グンゼ
1,405億円/62億円

(7545)西松屋チェーン
1,373億円/69億円

(2726)パルグループHD
1,232億円/70億円

(7445)ライトオン
768億円/12億円

(3606)レナウン
664億円/2億円

(7494)コナカ
651億円/9億円

(3320)クロスプラス
628億円/4億円

(8011)山陽商会
605億円/▲16億円

(7416)はるやまHD
570億円/24億円

(7564)ワークマン←優待なし
560億円/106億円

(9990)サックスバーHD
558億円/38億円

(2792)ハニーズ
524億円/26億円

(8029)ルックHD
440億円/14億円

(7829)サマンサタバサジャパン
322億円/▲17億円

(7603)マックハウス
308億円/2億円

(3205)ダイドーリミデッド
273億円/▲3億円

(8166)タカキュー
261億円/0.6億円

(3529)アツギ
240億円/8億円

(2778)パレモHD
233億円/7億円

(3529)コックス
200億円/▲4億円

(9885)シャルレ
175億円/5億円

(8013)ナイガイ
170億円/3.7億円

(3598)山喜
168億円/0.9億円

(8127)ヤマトインターナショナル
165億円/7億円

(2668)タビオ
164億円/4.7億円

(8040)東京ソワール
164億円/1.7億円

(9980)マルコHD(ライザップグループ)
149億円/9億円

(3607)クラウディアHD
123億円/2億円

(8118)キング
117億円/14億円

(7615)京都きもの友禅
105億円/0.5億円

(8143)ラピーヌ
99億円/1.1億円

(9878)セキド
84億円/0.9億円

(3376)オンリー
71億円/6.9億円

(3189)ANAP
66億円/3.5億円

(8215)銀座山形屋
54億円/1.5億円

株主優待&配当について

株主優待内容

山陽商会の株主優待
権利確定月 6月、12月
優待内容 1.「優待セール」招待

100株〜

*東京開催で4名分入場券贈呈

*内容は毎年検討

優待利回りは100株保有で???%となっています。

優待内容は株主招待の優待セールとなっています。バーバリーがあればお得感もありましたが、今は無いため個人的には欲しいブランドがありません。

マッキントッシュ製品があれば少し見てみたい気もしますが・・・

配当

年間配当は1株あたり47円です。

配当利回り:2.82%

配当利回りは非常に高いですが、ここ3年は赤字となっているため実質的にはタコ配となっています。

そのため減配リスクが孕んでいるので配当利回りで検討する場合は注意しましょう。

執筆時点株価:1,665円(最新価格はこちら

株価&指標について

株価推移 

山陽商会の株価チャート

株価チャートは右肩下がりで上場後下値を探る展開が長く続いています。

売上も利益も毎年落としていますし、バーバリーとのライセンス契約解除が非常に厳しかったです。

現時点で株価が再度上昇トレンドへ転換する材料は見当たらず、長期的に値上がり益を見込むのは難しいと思われます。

指標

予想PER 31.38倍
予想PBR 0.48倍
自己資本比率 61.4%

指標面ではPERは割高であるもののPBRは割安です。

自己資本比率も高く財務面では安定してると言えそうです。

同業他社との比較

同業他社の指標は以下の通りです。

PER PBR
ファーストリテイリング(優待なし) 32.29倍 6.17倍
しまむら 17.71倍 0.98倍
青山商事 20.68倍 0.6倍
ワールド 7.96倍 0.93倍
オンワードHD 17.77倍 0.52倍
アダストリア 33.25倍 2.35倍
AOKIホールディングス 19.35倍 0.73倍
ワコールHD 29.6倍 0.76倍
ベルーナ 8.06倍 0.9倍
TSIホールディングス 37.87倍 0.59倍
ユナイテッドアローズ 17.75倍 3.17倍
グンゼ 19.43倍 0.79倍
西松屋チェーン 17.61倍 0.94倍
パルグループHD 15.22倍 1.85倍
ライトオン —倍 0.71倍
レナウン —倍 0.41倍
コナカ 20.13倍 0.27倍
クロスプラス 16.15倍 0.44倍
山陽商会 31.38倍 0.48倍
はるやまHD 15.63倍 0.39倍
ワークマン(優待なし) 39.35倍 6.12倍
サックスバーHD 14.44倍 1.17倍
ハニーズ 14.51倍 0.95倍
ルックHD 4.2倍 0.48倍
サマンサタバサジャパン 29.52倍 2.33倍
マックハウス —倍 0.86倍
ダイドーリミデッド —倍 0.69倍
タカキュー —倍 0.6倍
アツギ 51.93倍 0.32倍
パレモHD 6.11倍 0.9倍
コックス —倍 0.39倍
シャルレ 67.62倍 0.35倍
ナイガイ 10.86倍 0.45倍
山喜 —倍 0.48倍
ヤマトインターナショナル 17.95倍 0.49倍
タビオ 21.46倍 1.31倍
東京ソワール 13.13倍 0.3倍
マルコHD —倍 1.53倍
クラウディアHD 28.57倍 0.7倍
キング 13.26倍 0.51倍
京都きもの友禅 —倍 0.79倍
ラピーヌ 16.08倍 0.32倍
セキド —倍 1.13倍
オンリー 7.21倍 0.74倍
ANAP 13.96倍 2.17倍
銀座山形屋 16.92倍 0.88倍

 

【株を始めるその前に】PERの意味と使い方を誰でもわかるように解説するよこんにちわtachann(@tachann)です。 株主優待が欲しいから企業の株を買う。 配当金が欲しいから企業の株を買う。...
【株を始めるその前に】PBRの意味と使い方を誰でもわかるように解説するよこんにちわtachann(@tachann)です。 株式投資をやってるとよく「PBR1倍以下だから割安」とか書いている記事を目にす...
自己資本比率の意味と使い方。「数値が高いほど優良企業」は間違いである理由とはこんにちわtachann(@tachann)です。 私のブログで株主優待のご紹介をする際にPER、PBR、自己資本比率は必ず書くよ...

キャッシュフロー

山陽商会のキャッシュフロー
営業キャッシュフロー △48億円
投資キャッシュフロー 42億円
財務キャッシュフロー △5億円
現金同等物 180億円

執筆時点のキャッシュフローです。有利子負債91億円に対して現金同等物は180億円とネットキャッシュフローは意外と高く自己資本比率も高いので、キャッシュフローは問題ありません。

財務面は安定しているものの、営業キャッシュフローが赤字という事が問題です。

いわば貯金を切り崩しているようなものですので、営業キャッシュフローの推移は投資をする前に必ず見たほうが良いと思います。

キャッシュフローで分類すべき3つの企業の型。企業の稼ぐ力を見極めよう。こんにちわtachann(@tachann)です。 株式投資を始めたい。 就活生だけど検討している会社は黒字か赤字かどっ...

まとめ

数々の自社ブランドとライセンス契約による海外ブランドをもつ山陽商会の株主優待は優待セールへのご招待となっています。

セール会場へ行かないと優待を受けることが出来ない点は残念です。山陽商会のもつブランドが好きな方にとっては有難いですよね。

配当利回りを見てみると、意外と高いのですが赤字の中で配当捻出をしているタコ配となっているので今後の減配リスクが高い点には注意が必要です。

財務面は安定しているので、当面は問題ありませんが今後も営業キャッシュフローの赤字が続くとドンドンジリ貧となりますので、投資をする際は注意が必要な銘柄と言えそうですよ。

投資は元本割れも十分にあり得るので、投資をする際は余力資金と長期目線。投資は自己責任なので慎重にお願いしますね。

▼株主優待を貰うために口座開設▼



ABOUT ME
tachann
tachann
30歳のごく普通の二児パパサラリーマンです。 家計のやりくりもすべて自分がやってまして、お得な情報や資産運用の情報をコンテンツとして役立つブログを配信していきます。 普段の「ほのぼの」もたまには・・・