権利確定月【2月】

経営統合のため今年で最後・・・マックスバリュ九州(3171)の株主優待と配当を紹介するよ

こんにちわtachann(@tachann)です。

本記事は株主優待制度のある銘柄の紹介コーナーになります。

今回はマックスバリュ九州(3171)の登場です。

各データは執筆時点になります。詳しくは株価の最新はこちらを参照ください。

個人的なコメントも記載していますが、投資スタイルは様々ですので投資に関しては自己責任でお願い致します。

*本ページの写真は公式サイトより引用しております。

マックスバリュ九州(3171)とは

マックスバリュ九州はイオングループの傘下である3つの企業が合併してできた九州地区を管轄するイオン系列のスーパーマーケットチェーンです。

イオン系列にはイオン九州もありますが、2019年9月1日にマックスバリュ九州、イオン九州、イオンストア九州(非上場)が経営統合することが決まっています。

今年いっぱいでこの銘柄も無くなりますね。

イオン九州の方が経営が厳しいので妥当な判断かもしれませんね。

イオン系列で優待制度がある企業は意外にもたくさんあります。

優待制度があるイオン系列企業は下記の通りです。名称の下に2018年度売上/純利益も記載します。

(8267)イオン
8兆3,900億円/245億円

(8905)イオンモール
2881億円/305億円

(9787)イオンディライト
2958億円/103億円

(2653)イオン九州
2320億円/1億円

(7512)イオン北海道
2053億円/65億円

(8287)マックスバリュ西日本
2763億円/25億円

(8171)マックスバリュ中部
1783億円/17億円

(2655)マックスバリュ東北
1053億円/3億円

(8198)マックスバリュ東海
2256億円/32億円

(3171)マックスバリュ九州
1773億円/9億円

(7465)マックスバリュ北海道
1260億円/5億円

(4343)イオンファンタジー
721億円/30億円

株主優待&配当について

株主優待内容

権利確定月 2月
優待内容 1.①優待券(100円)

100株〜:50枚
1,000株〜:100枚
2,000株〜:200枚

*1,000円以上の買い物につき1,000円ごとに1枚利用可。
*優待券を利用出来ない場合、優待券に代えて地域特産品。

優待利回りは100株保有で1.99%となっています。

優待内容は他のイオン系列のスーパーマーケットチェーンと同じく優待券か食品を選ぶことができます。

配当

年間配当は1株あたり30円です。

配当利回り:1.2%

優待利回りと配当利回りを合計すると3%強ですが、他のイオン系列の企業と比べるとやや低いです。

執筆時点株価: 2,507円(最新価格はこちら

株価&指標について

株価推移 

株価は綺麗な右肩上がりで伸びています。

オレンジの移動平均線が下値目処となっているので、新規で購入するならオレンジライン前後かお勧めですね。

指標

予想PER 19.37倍
予想PBR 1.39倍
自己資本比率 35.6%

指標面でも自己資本比率でも平均的な数値となっています。イオン系列の中でも真ん中といった感じですね。

イオン九州に比べるとめちゃくちゃ割安です。

同業他社の指標は以下の通りです。

イオン 53.35倍 1.67倍
イオンモール 12.39倍 1.06倍
イオンディライト 18.89倍 2.06倍
イオン九州 788.89倍 3.16倍
イオン北海道 17.47倍 1.96倍
マックスバリュ西日本 20.53倍 0.99倍
マックスバリュ中部 27.44倍 2.53倍
マックスバリュ東北 48.12倍 —倍
マックスバリュ東海 13.55倍 0.91倍
マックスバリュ九州 19.37倍 1.39倍
マックスバリュ北海道 57.33倍 3.32倍
イオンファンタジー 13.93倍 1.61倍
【株を始めるその前に】PERの意味と使い方を誰でもわかるように解説するよこんにちわtachann(@tachann)です。 株主優待が欲しいから企業の株を買う。 配当金が欲しいから企業の株を買う。...
【株を始めるその前に】PBRの意味と使い方を誰でもわかるように解説するよこんにちわtachann(@tachann)です。 株式投資をやってるとよく「PBR1倍以下だから割安」とか書いている記事を目にす...
自己資本比率の意味と使い方。「数値が高いほど優良企業」は間違いである理由とはこんにちわtachann(@tachann)です。 私のブログで株主優待のご紹介をする際にPER、PBR、自己資本比率は必ず書くよ...

キャッシュフロー

営業キャッシュフロー 32億円
投資キャッシュフロー △14億円
財務キャッシュフロー △9億円
現金同等物 74億円

執筆時点のキャッシュフローです。有利子負債は8億円に対し、現金同等物74億円とネットキャッシュリッチな企業です。

売上は毎年伸びていますし、営業キャッシュフローもしっかり出ているので財務面は問題ないと思います。

利益面はその年によってデコボコしています。

キャッシュフローで分類すべき3つの企業の型。企業の稼ぐ力を見極めよう。こんにちわtachann(@tachann)です。 株式投資を始めたい。 就活生だけど検討している会社は黒字か赤字かどっ...

まとめ

イオン九州と並び九州地区でスーパーマーケット業を行うイオン系列のマックスバリュ九州は今年、経営統合することが決まっています。

優待が貰えるのも今年で最後と思いますが、取りたいと言う方は2月までに購入しておく必要がありますね。

経営統合してできる新たなイオングループ会社もおそらく優待を新設すると思われるので、要チェックです!

投資は元本割れも十分にあり得るので、投資をする際は余力資金と長期目線。投資は自己責任なので慎重にお願いしますね。

▼株主優待を貰うために口座開設▼



ABOUT ME
tachann
tachann
30歳のごく普通の二児パパサラリーマンです。 家計のやりくりもすべて自分がやってまして、お得な情報や資産運用の情報をコンテンツとして役立つブログを配信していきます。 普段の「ほのぼの」もたまには・・・