権利確定月【10月】

商品券の使い勝手が抜群!!神戸物産(3038)の株主優待と配当を紹介するよ

こんにちわtachann(@tachann)です。

本記事は株主優待制度のある銘柄の紹介コーナーになります。

今回は神戸物産(3038)の登場です。

各データは執筆時点になります。詳しくは株価の最新はこちらを参照ください。

個人的なコメントも記載していますが、投資スタイルは様々ですので投資に関しては自己責任でお願い致します。

*本ページの写真は公式サイトより引用しております。

神戸物産(3038)とは

兵庫県加古川市に本社を置く企業で有名なフランチャイズでは「業務スーパー」があります。

プロの品質とプロの価格」を謳い当初は飲食店経営者などの業務利用をターゲットにしていたが、その後は一般消費者向けのサービスが拡大。

全国で750店舗以上を構えており、冷凍食品や加工食品を大手スーパーよりも大きいサイズで販売しています。現在では業務スーパーならではのプライベートブランドがかなり増えてきていますよ。

スーパーマーケット業界は全体で年間17兆2,020億円も売上があるビックマーケットです。その中でも群を抜いているのは2トップのイオンとセブン&アイHDです。その下に追随する企業は以下の通り。名称の下に2018年度売上/純利益も記載します。

(8267)イオン
8兆3,900億円/ 245億円

(3382)セブン&アイHD←優待はなし。
6兆378億円/ 1,811億円

(8028)ユニーファミリーマートHD←優待はなし。
1兆2,753億円/ 337億円

(8273)イズミ
7,299億円/ 269億円

(3222)ユナイテッドスーパーマーケットHD
6,922億円/ 75億円

(8194)ライフコーポレーション←優待はなし。
6,778億円/ 66億円

(9956)バローHD
5,440億円/ 76億円

(9948)アークス
5,140億円/ 103億円

(8276)平和堂
4,381億円/ 94億円

(8279)ヤオコー
4,150億円/ 110億円

(3038)神戸物産
2,700億円/ 99億円

(8182)いなげや
2,548億円/ 11億円

(9974)ベルク
2,114億円/ 69億円

(7643)ダイイチ
408億円/ 8億円

株主優待&配当について

株主優待内容

権利確定月 10月
優待内容 「業務スーパー」商品券

100株〜:1,000円相当
500株〜:10,000円相当
1,000株〜:15,000円相当

*商品券と引き換えに自社グループ商品詰め合わせと交換可能。
*3年以上継続保有の場合、100株以上500株未満の株主には「業務スーパー」商品券3,000円相当、500株以上1,000株未満は同15,000円相当、1,000株以上は同20,000円相当に内容が変わります。

優待利回りは500株保有で0.62%となっています。

100株以上よりも500株保有の時で優待利回りが最大となっています。

3年以上保有の時と3年未満で優待内容が変わるので、長く保有するのがおすすめですよ。

3年以上保有の500株保有で0.93%まで増えます。

配当

年間配当は1株あたり35円です。

配当利回り:1.08%

優待利回りと配当利回りを合算しても2%弱なのでやや低いですね・・・

執筆時点株価: 3,245円(最新価格はこちら

株価&指標について

株価推移 

2014年頃から急激に株価は上昇し一度3,000円台を付けたのち、1,000円まで調整しました。

2016年に再度上昇し始め、2018年に上場来高値を更新しました。

指標

予想PER 16.44倍
予想PBR 5.28倍
自己資本比率 22.3%

指標面はPBRがやや高いものの、PERは同業他社に比べると低めです。それよりも自己資本比率が低い点が気になります。

同業他社の指標は以下の通りです。

イオン 53.35倍 1.67倍
セブン&アイHD 20.43倍 1.74倍
ユニーファミリーマートHD 51.14倍 3.26倍
イズミ 16.89倍 1.98倍
ユナイテッドスーパーマーケットHD 25.29倍 1.9倍
ライフコーポレーション 15.73倍 1.52倍
バローHD 15.9倍 1.17倍
アークス 14.3倍 0.98倍
平和堂 15.54倍 0,99倍
ヤオコー 20.81倍 2.62倍
神戸物産 16.44倍 5.28倍
いなげや 131.39倍 1.25倍
ベルク 16.03倍 1.81倍
ダイイチ 8.33倍 0.65倍

 

【株を始めるその前に】PERの意味と使い方を誰でもわかるように解説するよこんにちわtachann(@tachann)です。 株主優待が欲しいから企業の株を買う。 配当金が欲しいから企業の株を買う。...
【株を始めるその前に】PBRの意味と使い方を誰でもわかるように解説するよこんにちわtachann(@tachann)です。 株式投資をやってるとよく「PBR1倍以下だから割安」とか書いている記事を目にす...
自己資本比率の意味と使い方。「数値が高いほど優良企業」は間違いである理由とはこんにちわtachann(@tachann)です。 私のブログで株主優待のご紹介をする際にPER、PBR、自己資本比率は必ず書くよ...

キャッシュフロー

営業キャッシュフロー 137億円
投資キャッシュフロー △31億円
財務キャッシュフロー 5億円
現金同等物 748億円

執筆時点のキャッシュフローです。696億円の有利子負債に対して現金同等物748億と営業キャッシュフローに比べるとどちらも規模が大きいですね。

売上高および営業キャッシュフローは順調に毎年伸ばしています。

キャッシュフローで分類すべき3つの企業の型。企業の稼ぐ力を見極めよう。こんにちわtachann(@tachann)です。 株式投資を始めたい。 就活生だけど検討している会社は黒字か赤字かどっ...

まとめ

業務スーパーで有名な神戸物産ですが、優待は非常に使い勝手の良い商品券です。1,000ごとに等使用条件が無いのもGOODです。

店舗数は700店舗を超えるので、全国どこでも使える優待が魅力的ですが、利回りが少し低いのがネックです。

株価の方は自己資本比率が低めなので注意が必要です。

投資は元本割れも十分にあり得るので、投資をする際は余力資金と長期目線。投資は自己責任なので慎重にお願いしますね。

▼株主優待を貰うために口座開設▼



ABOUT ME
tachann
tachann
30歳のごく普通の二児パパサラリーマンです。 家計のやりくりもすべて自分がやってまして、お得な情報や資産運用の情報をコンテンツとして役立つブログを配信していきます。 普段の「ほのぼの」もたまには・・・