お金の知識

共働きの損益分岐点は?103万、150万円の壁をシミュレーションしてみた

こんにちわtachann(@tachann)です。

2018年から『103万円の壁』が『150万円の壁』へと引き上げられましたね。この内容については下記の記事をご参考にください。

共働きをする前に考えるべき4つの壁(103万、106万、130万、150万)こんにちわtachann(@tachann)です。 世の中には専業主婦してる方も共働きしてる方もいますよね。娘の出産の時に奥さんが...

本記事では実際に共働きの損益分岐点ってどこにあるのー?って事を検証するためにシミュレーションしてみたいと思います。シミュレーションする場合、社会保険の有り無しも考えてやっていきたいと思いますよー!

勤めている企業から扶養手当を貰っていたり、生命保険・住宅ローンなどの控除、住んでいる市町村の住民税などは考慮していないので、実際の金額とはズレますよ。

あくまで共働きにおける配偶者控除、配偶者特別控除、社会保険、年金の支払いが世帯手取りにどう影響するかを考えたいと思います。

ケース① 夫500万円妻103万円

100万円、103万円の壁が登場!

社会保険はまだ旦那の扶養に入っているよ!2018年以前までは配偶者控除のラインだった103万円が150万円に引き上げられたので、夫の給与は変わらず。妻の方は100万円の壁を超えているので、住民税だけ支払います。

夫(年収500万円)妻(年収103万円)
住民税 211,700円 10,000円
所得税 103,900円 0円
社会保険料 706,068円 0円
手取り 3,978,332円 1,020,000円

世帯手取りの合計:4,988,332円

ケース②夫500万円妻106万円

106万円の壁の登場!!

2016年から引き下げられたこの制度で下記の条件に全て当てはまる方は夫の扶養から抜けて自身の勤め先で健康保険、厚生年金を支払う必要が出てきます。人によってはここで手取りがガクッと落ちるラインですね。

月20時間以上の勤務

月88,000円以上の月収(通勤費用、手当込みで年収106万円)

勤務期間が1年以上

従業員数501名以上

学生以外である。

ここで注意したいのは年収ではなくて月収88,000円なので、一ヶ月での給与がこの水準を超えるとこのペースだと106万円超えるから社会保険料払ってね。っと夫の扶養から外れることがあります。

社会保険の加入義務あり

106万の壁に該当した方は夫の扶養から外れて妻自身が社会保険料を支払うので、妻の手取りが落ちます。

夫(年収500万円)妻(年収106万円)
住民税 211,700円 5,000円
所得税 103,900円 0円
社会保険料 706,068円 151,500円
手取り 3,978,332円 903,500円

世帯手取りの合計:4,881,832円

社会保険の加入義務なし

106万の壁に該当しない方はまだ社会保険料を払わなくても良く、夫の扶養に入ることができます。そのため130万円までは世帯手取りを順調に伸ばしていくことができます。

夫(年収500万円)妻(年収106万円)
住民税 211,700円 10,500円
所得税 103,900円 1,500円
社会保険料 706,068円 0円
手取り 3,978,332円 1,048,000円

世帯手取りの合計:5,026,332円

ケース③夫年収500万円妻130万円

130万円の壁の登場!!

夫の社会保険、年金の扶養から外れご自身で社会保険、年金を支払わないといけなくなります。その結果106万円収入の時とそこまで変わらない世帯手取りとなってしまいました。

夫(年収500万円)妻(年収130万円)
住民税 211,700円 15,500円
所得税 103,900円 4,000円
社会保険料 706,068円 189,324円
手取り 3,978,332円 1,091,176円

世帯手取りの合計:5,069,508円

ケース④夫年収500万円妻129万円

130万円の壁に到達しないギリギリの年収の場合、夫の扶養に入ったままであることができます。そのため社会保険料の自己負担がなくなるので世帯手取りは年収130万円よりも152,124円も高い結果となります。

年収としてたった1万円しか変わらないのに、大きく世帯手取りを落とします。

夫(年収500万円)妻(年収129万円)
住民税 211,700円 33,500円
所得税 103,900円 13,200円
社会保険料 706,068円 0円
手取り 3,978,332円 1,243,300円

世帯手取りの合計:5,221,632円

ケース⑤夫年収500万円妻150万円

150万円の壁が登場!!

よく見ていただくと年収129万円の時の妻の手取りが1,243,300円に対して年収150万円の時の妻の手取りは1,237,524円と年収が21万円も増えているのに手取りがほとんど変わりません。

つまり年収130万円を超えて損益分岐点に達するのは年収150万円で、この間の20万円ちょっとはタダ働きとなってしまうのが問題とされているわけです。

150万円を超えてくると、妻だけでなく夫の手取りにも段階的に影響することになってきます。配偶者控除配偶者特別控除です。この控除についてもこちらの記事で書いてますので、ご参考にどうぞ!

共働きをする前に考えるべき4つの壁(103万、106万、130万、150万)こんにちわtachann(@tachann)です。 世の中には専業主婦してる方も共働きしてる方もいますよね。娘の出産の時に奥さんが...
夫(年収500万円)妻(年収150万円)
住民税 211,700円 32,700円
所得税 103,900円 12,900円
社会保険料 706,068円 216,876円
手取り 3,978,332円 1,237,524円

世帯手取りの合計:5,215,856円

ケース⑥夫年収500万円妻200万円

今まで夫の年収でほとんど手取りは変わってませんでした。しかしながら妻が年収150万円を超えてくると配偶者控除が無くなり配偶者特別控除となるため夫の手取りが落ちてきます。

とは言え、妻の年収も増えてくるので世帯全体での手取りは大幅にアップしていきます。

夫(年収500万円)妻(年収200万円)
住民税 241,700円 62,100円
所得税 139,600円 27,900円
社会保険料 706,068円 292,548円
手取り 3,912,632円 1,617,452円

世帯手取りの合計:5,530,084円

まとめ

今回のケースでは会社の福利厚生である家族手当などは含めていません。なので損益分岐点で見ると扶養から外れる金額は注意しておかないともっと損する可能性もあります。

夫が500万円の年収だった場合の妻の年収を加えた世帯手取りは・・・

①専業主婦0円:3,978,332円

②妻103万円:4,988,332円

③妻106万円社保有:4,881,832円

④妻106万円扶養内:5,026,332円

⑤妻129万円扶養内:5,221,632円

⑥妻130万円社保有:5,069,608円

⑦妻150万円社保有:5,215,856円

⑧妻200万円社保有:5,530,084円

当然、専業主婦の片働きよりも共働きの方が世帯手取りは増えます。ですが〇〇円の壁があるため上記のように停滞してしまう年収があります。

このまとめで見るとわかりやすいですが、106万円〜150万円の間、人によってはタダ働き区間となってしまい、壁を越える前の世帯手取りを上げようとするとおよそ160〜180万円が損益分岐点となります。

200万円を超えていけば、気にせずどんどん年収を上げてもいいのですが、パートだとやはり気にしていかないと手元に残るお金が減ってしまうことになりますね。

賢く共働きしましょうね♪

【2018年】我が家の教育資金の貯め方と貯蓄額を一挙公開!こんにちわtachann(@tachann)です。 子供が生まれたら色々考えることが増えますよね。子育ての仕方や住居のこと。勿論子...